一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

弁証論治をたてる際に、確かなものを中心として考えを構築していくという
ことをよくお話します。けれどもこの「確かなもの」というのが何かという
ことは、なかなかわかりにくいのです。どうしてかというと、まじめであれ
ばあるほど細かい違いを問題にし、詳細な記述に走りやすいためです。その
ほうがわかった感を得やすいですしね。でもそうすると、記述のための記述
になり、生命の全体像を見失うことがあります。

生命の全体像というのは何なのでしょうか。眼差しとしてはひとつの生命を
括って、柔らかく愛おしむことです。これが一番最初の心。一の心です。善
悪や判断を越えて、病や生死を超えて、そこに存在している生命そのものを
愛おしむとこと。その美しさと出会ったことに感謝すること。同じ生命を自
分も保持させていただいていることに感謝することです。ここにすっぽりい
るとき、問題などは何もありません。

その次元で酔生夢死している意識を少し目覚めさせて、四診に入ります。問
題は何なのだろう、何がこの人の活力を奪っている中心なのだろう、よりよ
く生きるには何が必要なのだろう。そんな心です。まだまだ分析的ではなく、
よく聞いて心に映ったその人の姿を感じとりながら、痛みや悲しみや空洞感
を共有してみます。この時表現されているものはさまざまな症状であったり
怒りや嘆きや愚痴であったりする可能性はありますけれども、それに振り回
されないように注意して治療家の側の心を定めたまま耳を傾けます。聴く。
よりよく聴くということがこの際の課題となります。

充分に心に響いた所で記述そして五臓の弁別に、緩やかに入っていきます。
分けることが目的ではありません。理解することが目的でもありません。何
を感じたのか、何を観たのかを確かめるようにより分けていくわけです。そ
の時に、すでに言葉化されている情報に頼りすぎると、言葉化される以前の
感覚を忘れてしまいます。これが大切でこれがたいした問題ではないという
ことを、五臓の弁別をする前には確かに感じとっていたはずなのに、いつの
間にか見失ってしまうことがあります。これは、心に響いたことを忘れて理
屈に走ってしまうためによく起こる現象です。

(五臓の弁別の効用として、思い込みを排除して客観性を保つということが
あります。実はこの「心に響いた所」と「客観性」との淡いの一筋の糸の上
で五臓の弁別は記載されていきます。ここが難しい所なのですけれども、そ
れについてはまたの機会に。)

このままの感覚で病因病理を書いていくと、正しそうだけれども理屈っぽく
て、その患者さんの状態があまり浮き上がって見えてこないものとなります。
部分部分は正しそうな理屈をつけているわけですけれども、時間的空間的な
全体像を失っているものができあがるわけです。そしてこういう病因病理は、
まじめな人ほど陥りやすい罠なんですね。これは、心よりも理論を追い求め
るために起こる、深い問題です。言葉の罠とも言えます。

この解毒剤は、「充分に心に響いた所」の感覚を忘れないようにするところ
にあります。これが四診を通じて感じとった「確かなもの」を中心として論
理を構築していく病因病理につながっていきます。確かなものは、見えやす
い所にあります。無理なく見えるものを表現した言葉(大切)と、無理に見
たものを表現した言葉(あまり大切ではない)とには、軽重をつける必要が
あるわけです。けれども目の前に言葉として並んでいるとこれが難しくなり
ます。どうしてかというと、無理に見たものを表現した言葉の方が不安があ
る分だけ詳しく説明される必要があり、多くの言葉で飾られていて見栄えが
いいため、見た感じ重要に思えるためです。

このため、本当は大切な所から遠く離れている情報であっても大切に見えた
り、大切な情報であってもあまり大切ではないように見えたりします。「充
分に心に響いた所」の感覚、その心の位置をしっかりと踏み固め、近いもの
は明確にはっきりと見、遠いものは遠くに霞んで見えるという距離感を持て
るようにすると、より実態に合った弁証論治を構築していくことができるで
しょう。この遠近感は、記載されている言葉の多寡によるものではないので、
それに振り回されないよう注意する必要があるわけです。
スポンサーサイト

この人とブロともになる