一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

四診を行い経穴をよく観察して弁証論治を作り上げ、経穴の変化をよく観察
しながら治療を行う。このような臨床を積み重ねていって気がつくことは、
患者さんが個別具体的な身体を持っているということです。それぞれの体質
に基づいたそれぞれの生活習慣にのっとった生活の中で、個々の患者さんは
それぞれに特有の四診の状況および経穴反応を示しています。

そこで、四診に基づいて弁証論治を立て、体表観察に基づいて治療法を決す
るということが、鍼灸師の基本的な立ち位置―治療方法になるべきであると
考えてきました。

『一元流鍼灸術の門』の〈実戦編〉において、〈経穴を見つけるための経穴
学〉を述べつつ、「生きて働いているすなわち反応が出ている経穴を使用す
ること」「生きて働いている反応を見つけるために、特効穴や穴性学を参考
にしながら体表観察を行うこと」「経穴の出方の理由をよく考えて処置を行
うこと」を提示しているのはこのためです。

そのような治療を継続していると、「四診によって把握された身体以前に
「経穴の効能」があるのではない」ということが理解できるようになります。
経穴の反応は患者さんの体質によって変化するものであり、現れている症状
とその経穴の効能とが直接そのまま結びつくわけではないのです。

患者さんの身体の状態を把握する弁証論治にしたがって、生きて働いている
経穴を探り、その反応が出ている意味を考察し選別して処置することこそが
大切です。民間療法的な経穴学(特効穴治療)あるいは穴性学をいかに探求
し積み重ねていっても、実際に患者さんを目の前にすると使うことができな
い理由はここにあります。


けれども穴性学は、これから日本で重要視されていくであろうし、そうでな
ければならないと、私は考えています。穴性学が発想されてきたのは、中国
においても長くとも百年ほどの歴史しかありません。それ以前は、鍼灸歌賦
とか経験方(そして局所あるいは循経施術)によっていたものです。

ですから、穴性を踏まえて配穴する、と言っても、鍼灸歌賦にしたがって配
穴するといっても、経験方にしたがって配穴するといっても、そのどれに優
位性があると判ずることはまだできないと、私は考えています。つまり、穴
性の概念は鍼灸歌賦によるものや経験方によるものと同じように、まだまだ
検証する必要がある概念であるということです。

そして、その検証を行うためには、人間そのものを包括的に把握する概念体
系が必要なわけです。どうしてかというと、人間観がないところに表裏寒熱
虚実といった概念を適用することはできないからです。一元の生命体として
人間を把握することによってはじめて、表裏寒熱虚実という概念が生きてき
ます。五臓六腑あるいは五行という概念もそこにはじめて生きてくるもので
す。経穴は、そのように把握された身体に表されている指標です。それはま
さに個人個人の生活習慣や思いの継続によって表現されているものです。

ですから、体表観察をして何故その経穴にそのような反応が出ているのかと
いうことを判断するには、相手の身体に対する認識と、経穴に対するある程
度の知識が必要となります。それがおおきな人間観―気一元の身体観で統一
されたときにはじめて、経穴に関する考察ができるわけです。この積み重ね
によってはじめて、穴性に関するしっかりとした検証体制ができあがってく
ると、私は考えています。


そしてそれは実は、穴性学が崩壊する端緒となるだろうともまた考えていま
す。その理由は、経穴の出方が個別具体的であることによります。東洋医学
は、養生の医学です。そしてそれはいつも個人個人の特性にしたがって、個
別具体的にかつその時だけに適用される養生法の指示であり経穴に対する処
置です。このことは体表観察をしているとよく見えることです。

机上の理論で弁証論治を行って穴性にしたがって使用経穴を定める方法では、
このことはけっして見えてきません。いわんや、穴性というものがあたかも
アプリオリに存在するかのように思い込み、それを机上で探求して「正しい」
穴性学を定めて運用しようとするという現行の中医学ではけっしてたどり着
くことのできない地平です。


黄龍祥先生の論文「兪穴(ツボ)の主治の表記をいかに標準化する
か」
http://www.jtcma.org/activities/img/tsubonohyouki.pdfにおいて書かれ
ている文言も実は、この経穴の個別具体性について考察されているものでは
なく、ただ単に穴性のまとめ方が、これまで薬性をそのまま使用してきたも
のを改めるべきだと言っているに過ぎません。レッテルの張り替えに過ぎな
いわけです。

経穴に触れもせずに穴性概念だけで何事かが定まると考えるには無理があり
ます。なぜなら、経穴は患者さんの身体に存在し、それ自体の表情をもって
指頭に語りかけてくるものだからです。この言葉を聞きつつ、それに対応し
た処置を行うのでなければ、いったい何を診て治療しているというのでしょ
うか?経穴の状態を理解できずに穴性を語り処置を施すということは、傲岸
不遜であり、毎瞬息づいている人間の生命に対する傲岸無知のなせる技であ
ると言わなければなりません。
スポンサーサイト
精神病理学の泰斗、木村敏氏は、その『臨床哲学の知』の中で以下のように述べています。


症状と病気のこの関係は、精神科でも同じです。患者さんは症状を出すことで一種の自己治癒のようなことをしているところがありますし、医師はそこを見極めなければならないわけですけれども、いまは、精神病になるのは脳が生化学的な変化を起こして例えばドーパミンなどという物質を出し過ぎるからであって、それが幻覚や妄想を引き起こすんだといった考えにとらわれている。精神医学も症状を消すことしか考えない。脳機能の研究自体は大切なのですが、それがもっと深いところにある心それ自体の病気の原因や病理の解明を妨げているとしたら、これは大問題でしょう。

家族や周囲の社会に迷惑をかけているのは症状です。病気そのもので迷惑をかけているわけではない。だから、症状を除去することが周囲からの期待に応えることになる。症状が消えたら治ったということになる。精神医学が症状だけを見るというのと、患者自身のことより周囲の社会の安全を考えるというのとは、実は同じことの両面なんですね。

わたしには非常に辛い記憶がひとつあります。薬を使って症状をきれいに取ったら、その患者さんが自殺してしまったということがあるのです。症状を取られるということは、患者さんにとっては自己防衛手段を奪われるということと同じですから、あとは自殺するしか仕方がなかったということなのだろうと思います。まだ若いころの出来事ですが、そのときにこれはいけないと思いました。

症状はひとりでに消えるまで無理にとってはいけないという考えは、そのとき以来、いまもずっと変わりません。患者さんがあまりに興奮しては診察自体が成り立たないし、妄想や幻想がひどいと患者さんの社会人としての評価にかかわりますから、薬はそれなりにやはり使いますけれども、それで症状をきれいに取ってしまおうなどということはまったく考えません。風邪と同じで、症状は出す必要がなくなれば自然になくなります。症状が出るのは、生きる力、病気と闘う力があることの証拠なのですね。

しかし、ここ二十年、三十年、精神医学というものは、まったくそうではなくなってしまいました。症状をとること以外は何も考えなくなってしまっています。いまの状態が続けば、精神病理学という学問は、日本の医学界からいずれ消滅するかもしれませんし、ことによると実質的にもう消滅しているのかもしれない。病理学というのは、これは身体の病理学でも同じだと思いますが、病気そのものの成り立ちを研究する学問であって、症状のことは、病気の本質と関係があるかぎりでしか問題にすべきではないのです。脳の変化を除去して妄想をとればそこでお終い、精神医学が行うのはそこまでということになっていけば、精神病理学なんて学問は必要がなくなる一方でしょう。
」〈『臨床哲学の知―臨床としての精神病理学のために』洋泉社刊 2008年 53p〉

この言葉は、エビデンスを安易に語る傾向がある鍼灸界においても、噛みしめるべき言葉でしょう。

古典において提出されているものは、単なる治療技術なのではなく人間観である。その人間観を読み解くことなくして東洋医学を学んだとは言えない。行じているとは言えない。そのように私は考えています。

そしてその人間観をさらなる深みへ向けて探求する技術として鍼灸術があるとも考えています。

いわば、臨床鍼灸を哲学の次元にまで高めていくということが、これからの鍼灸師の目的となるべきだろうと思うわけです。

このような目標のための枕として、木村敏氏の重い言葉をまず噛みしめたいと思います。
rinnsyou

この人とブロともになる