一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

一元流での暝想では、ただ手放して臍下丹田に意識を落としていくということだけが大切です。

そのような暝想が起こってる最中であっても、頭の中では脳神経が反応してかってに考え事をしています。けれどもその考え事の中には入らない。それは空に浮かぶ雲だと観じ、手放し、また臍下丹田に意識が落ちていくのを観じるようにします。

もっとも楽な場所安定している場所、生命そのものを感じ取ることの出来る、ただ一つのリアリティのある、五感を超えた場所、それが臍下丹田です。


暝想というと何か宗教的な感じがする方もおられるかもしれません。
一元流で暝想をするのは、ただリアリティをつかみ取るためにおこないます。

四診において腹で見るということを言いますが、その秘密がここにあります。

それは、頭で考え決めつけたものを見るのではなく、ただいま「見えているものを見えているとし、見えていないものを見えていないとする」という今の一点にいることで、はじめて四診ができるのだという姿勢です。

体表観察においては、これがもっとも求められることです。以前の経穴の状態や脉の状態と、今の経穴の状態や脉の状態との違いは、以前の状態に執着していては見別けることができません。体表観察における変化を見ていくということはそれほど厳しいことなんですね。

そのため、思い込みや刷込みを捨てて、ただ「いま見ているその場所に参入する」、その練習が必要となるわけです。

そのために暝想をし、今あるものをそのまま見るための鍛錬をしているわけです。
スポンサーサイト

この人とブロともになる