一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

朱子学も陽明学も、存在の本質とは何かということを探究しているもの
です。それを通じて正しく生きること、正しい社会認識を行い安定した
政治をすることさらには他者に対する礼儀はいかなるものかといったこ
とを、中国古典を通じて編み出そうとしてきたものです。

朱子学は宋代の革新的な思想であり、陽明学は朱子学の基盤のうえに咲
いた明代の思想です。双方ともに当時の求道的な思想の影響を受けてい
ます。

求道的というのは何を意味するのでしょうか。それは、物事の本質を極
めようとする姿勢のことを指しています。生活や自己保存を目標とする
のではなく、正しさとは何か、正しさは何によって担保されるかという
ことを極めることを、思考の基盤―人生の目標にしているわけです。

道を求める際、自己をまとめるために、静座を奨めていることも同じで
す。これは、禅の影響を強く受けているということを意味しています。
朱子は禅を全否定しますけれども、その思想の基盤には禅があるのです。
ようめいはそこまでは禅を否定しませんけれども、儒教一般として、
「禅に堕す」ことを忌避します。生命の学―実用の学では禅はないと考
えているためです。けれども自分の心をまとめ鎮めていくことを通じて、
あるがままの自己とは何かという問いに対する答えを、双方とも得てい
ます。

実はこの答えが、朱子学と陽明学とでは少し異なるわけです。

朱子学でなぜ理気二元論のような形になったかというと、物事の本質が
物そのものに備わっていると考えるためです。そこには、存在するもの
を作ったものが「天」であるという敬天思想があります。存在そのもの
にはすでに備わっている正しさがある。その正しい位置においてそのも
のを取り扱うことが、それの正しい取り扱いかたである、といった具合
です。

このため、朱子学では、存在するもの(気)の背景に本来的な性質(性)
があり、それを支えている理があるという論理構成となっています。こ
れが性即理という言葉の意味です。

これに対して陽明学ではさらに、ものの本質をとらえている「自分自身
は何か」といことへと問いが深化しています。そこまで問わなければも
のの本質をとらえることはできないのではないかという問題意識がそこ
にあるためです。

なぜかというと、物そのものの本質を見極めようとしているものは自分
である。自分の軸が定まっていなければ物事の本質などみえるわけがな
い。そういう発想がここにはあるわけです。

この背景には大きく深い自己否定があります。自分の本質を見極めなけ
れば物事の本質には至ることはできないだろう。しかし、その自分とは
そもそも何なのだろうか。きちんと物そのものを見ることができるのだ
ろうか。物を見ている自分の本質とは何なのだろう。ここを問い詰めて
いかなければならないためです。般若心経の眼耳鼻舌心意という自己の
知覚の全否定につながる思想がここにはあります。

そしてそのような大き深い壁―自己への絶望にぶち当たったはて、ひた
すら求道を光にすがって求めつづけていた底で、王陽明は大きな気づき
を得ることとなりました。これが「龍場の大悟」といわれるものです。

その内容は何かというと、「天地万物一体の理」と呼ばれるものです。
すべてのものは我が腹中において一体である。私こそがそれを見それら
を位置づけているものである。ここにおいて王陽明は自己を抜け出で、
一体の世界のなかに自己を譲り渡し、そこから言葉を発するようになっ
たわけです。

王陽明はもともと誠実な朱子学者であり、朱子の導きの手にしたがって
歩み続けることを通じて、「龍場の大悟」に至り、朱子学の二元論を乗
り越えて、万物一体の理のなかに住まうこととなりました。

自己の外に理はない、自分の内に理があるというその姿勢を担保するも
のは、絶えず自己点検をするということです。ものごとの正誤を認識し
決断するものは私でしかない、その責任を全うするためには自己の鍛錬
を怠ることはできない。そのため王陽明は積極的に人びとの中に入って
いき、自己の理解を拡充することを通じて自己を変革しようとしました。
自己の認識能力を厳しく鍛錬すること、そして決断は断固として行い責
任をとること。それが陽明学の正しさを担保するものであると考えたわ
けです。

その正しさとは、「今ここ」における正しさでしかないということはや
はり述べておく必要があるでしょう。状況が異なれば経験されることも
異なり、決断もそれにつれて異なってくるからです。

一元流鍼灸術はこの王陽明の思想に従います。

長くなりましたので、これ以降は各自考えを深めていってください。注
意すべきことは、万物一体の理、の外側には何もないということです。
「すべてがこの理の内側にあり、例外はない」ということです。

場を設定し、それを気一元のものとして把握していく一元流鍼灸術の身
体観の背景にある思想は、このようなものなのです。

なお、この文章は、以下の著書を参考にしています。
『朱子学と陽明学』小島毅著  ちくま学芸文庫
禅と陽明学との干渉については荒木見悟氏の諸著作


                                    伴  尚志

スポンサーサイト

この人とブロともになる