fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

■ 付:知識を得ること知恵を得ること


一元流鍼灸術では、「一」ということを学びます。「一」の眼差しがすべてを貫通していることです。このことを理解できるようにテキストは祈りを込めて作られています。

けれどもこれを理解することは、なかなか難しい。難しい理由は、多くの場合これまでの勉強法にあります。言葉を暗記してそれで試験を受けて合格する。この繰り返しを勉強と称して行ってきた方がほとんどでしょう。社会的な要請としても、それがその人の技術のレベルを示すものとされてもいるわけで、免状などもそれを規準に与えられるようになっています。


これに対して一元流鍼灸術では、「一」の理解を通じて人間を理解するということに特化しています。応用自在の知恵である「一」に対する理解の方法を提供することによって、人間理解を個別具体的に行えるように工夫しているわけです。

知識というものは、この「一」に対する理解すなわち知恵あるいは言葉を使って、「一」に対する理解を表現したものです。この意味で、知識とはその本来の意味で飾りであり、群盲が象を撫でて語った言葉の集合です。ですから知識をいくら積み重ねても、目の前の人間を理解することはできません。


表現者としてそこすなわち対象が存在する場所に、自身を存在させなければならないわけです。暗記した言葉、書かれている古典などは、その「表現された言葉」に過ぎません。表現された言葉をいくら積み重ねてみても、それは言葉を超越して存在そのものに肉薄することはできないわけです。


言葉は、存在しているものをパターン化し、その作成されたパターンに存在を当てはめることが、理解しているということだとします。しかしこれは間違いです。パターンが作成される以前に存在はそこにあり、それを理解するために「仮に」パターン化された言葉でそれを表現しているに過ぎないのです。仮の姿は―あたりまえのことですが―実在ではありません。この「実在」こそが本来の意味での「古典」であると、一元流鍼灸術では主張しています。


『易』の「繋辞上伝」には、「易は天地と準(なら)う。故に能く天地の道を弥綸す。仰いでもって天文を観、俯してもって地理を察す。」と述べられています。すなわち、自身が生き生かされているこの自分の位置、自分の生命を明らかに体験する中から、初めて瑞々しく生まれ出てくる生命-知恵によって発見された生命-に触れることができる。これこそが存在そのものに触れることのできる位置である、と述べられているのです。

この生命を生きている私。この私の生命を用いて全力で相手を理解しようとする。このことが知恵による人間理解の基本となります。

言葉を多く積み重ねて記憶し、パターン化されたそれをその人間存在に当てはめることは「人間理解」ではない。それは「人間理解」とはまったくかけ離れたものだということ。このことは一元流鍼灸術の知恵を修得する上で、重要な上にも重要なこととなります。
スポンサーサイト



■ 器の充実

器についての問答は続きます・・・


■ 問

勉強道具の一つ「一元流鍼灸術への招待:前篇」をつまずきながら
ですが読み終えました。
整理しようと、テキストを再度読み出したら、もっとつまずいて
しまいました。頭の整理どころか大混乱となっとしまいました。
なので、不明な所を一つ一つ質問させて頂きます。

今回は、器の充実についてです。
テキストには
「器がもっとも充実している状況とは、器が大きく敏感で密度が
密であるということであり、さまざまな外界からの影響を取り
込んで自己の器をさらに充実した地平へと高めていくことので
きる状態の事」
とあります。
敏感=影響を受けやすいという事だと思うので、外界の影響を受
けやすいという事は、不安定な事ではないかと思えてしまいます。

「外界の変化を敏感にとらえる事ができるとき、身体がどのよう
な反応を起こすかという事は別問題となります。」
ともテキストにはあります。
となると、敏感という言葉だけに目がいってしまっているのかな
と思ったりします。

器の充実を「新陳代謝が正常なもの」のようなイメージでとらえ
ると、器の敏感さも理解できるのですが、このイメージは間違っ
ていますか?
伴先生、ご指摘お願いします。



■ 答


> 整理しようと、テキストを再度読み出したら、もっとつまずいて
> しまいました。頭の整理どころか大混乱となっとしまいました。
> なので、不明な所を一つ一つ質問させて頂きます。

はい了解しました。


> 今回は、器の充実についてです。
> テキストには
> 「器がもっとも充実している状況とは、器が大きく敏感で密度が
> 密であるということであり、さまざまな外界からの影響を取り
> 込んで自己の器をさらに充実した地平へと高めていくことので
> きる状態の事」
> とあります。
> 敏感=影響を受けやすいという事だと思うので、外界の影響を受
> けやすいという事は、不安定な事ではないかと思えてしまいます。
>
> 「外界の変化を敏感にとらえる事ができるとき、身体がどのよう
> な反応を起こすかという事は別問題となります。」
> ともテキストにはあります。
> となると、敏感という言葉だけに目がいってしまっているのかな
> と思ったりします。
>
> 器の充実を「新陳代謝が正常なもの」のようなイメージでとらえ
> ると、器の敏感さも理解できるのですが、このイメージは間違っ
> ていますか?

器の充実に関しては、大きさと敏感さと密度という三点を同時に考
える必要があります。そしてそれを個々の患者さんの状態にあては
めつつ考えていくわけです。

「新陳代謝が正常なもの」というだけではイメージとして狭くなり
ます。


■ 問


器の充実について、ご返答ありがとうございました。

先日、知人と中華の定食を食べに行った時の事を思い出しました。
私には量が多く胃もたれしそうだなと思い残してしまいました。
結局お腹の調子が悪くなりました。
しかし、最後まで美味しく食べた知人もいました。

同じものを食べても、感じ方や食べれる量や身体の反応が違うなと
思い、これが器の充実を考える上で必要な敏感さと大きさと密度の
現れなのかと思いました。

こんな捉え方、安易でしょうか?


■ 答


> 先日、知人と中華の定食を食べに行った時の事を思い出しました。
> 私には量が多く胃もたれしそうだなと思い残してしまいました。
> 結局お腹の調子が悪くなりました。
> しかし、最後まで美味しく食べた知人もいました。
>
> 同じものを食べても、感じ方や食べれる量や身体の反応が違うなと
> 思い、これが器の充実を考える上で必要な敏感さと大きさと密度の
> 現れなのかと思いました。
>
> こんな捉え方、安易でしょうか?

そのあたりから考えるということが始まるのだろうと思います。

外界との対処能力という側面では、

鈍感であれば毒を食べて死んでしまうけれども敏感であれば身体に
悪いものは入れないすぐ吐いてしまう、ということになります。

器が大きければ多少毒を食べても平気で、毒を取り込んで耐性をつ
けることもできますが、器が小さければ死ぬ思いをします。

密度が密であれば毒を身体が受け付けませんが、密度が粗いと深く
毒が入りやすく死ぬ思いをします。


その他、外邪との闘争の場面や、成長の場面など、さまざまなケー
スで考えていくことができます。

同じ個人でも年齢や疲労度などで異なりますので、そのあたりは病
因病理を考えていくことを通じて把握していくことになります。


治療の方向性としては、より器を充実させるにはどうすればいいの
だろうと考えつつ、五臓のバランスをとる方向で進んでいくわけで
す。
■ 問:器の概念について2

259ページの「器の盛衰」を読みましたが、自分の中で器の概念を
イメージすることができません。34ページの「一元の器」を読み直しても
やはり混沌としています。

器の状態を表す尺度として、
敏感か鈍感か、大きいか小さいか、密度が緊密か粗いか、があり、
成長期には、器は敏感で、小さく、密度が緊密。
老年期には、器は鈍感で、大きく、密度が粗い。
というのはなんとなく納得できるのですが、その他の場合が想像できません。

敏感で大きいけど密度が粗いとか、鈍感で小さいけど密度が緊密とか、
あり得るのでしょうか?
その場合、例えば風邪を引いたとき、どのような反応になるのでしょう?

また、敏感・鈍感は、本人の自覚とは関係ありますか?

器の概念を考えるためのヒント、または例え話等をいただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。


■ 答


器の概念というのは、一つの生命を陰陽という観点五行という観点から診ていくときの舞台となる生命そのものの状況のことです。現時点での生命状況が財布の中のお金の出し入れの状況であるとすれば、器というのはその背景にある資産、ということになります。ですから当然、固定化しているものではなく変化していくものです。変化していくものですけれども、財布の中の変化よりも大きな流れの中でゆったりと変化していくものです。


器が敏感で大きいけれども密度が粗いという場合は、ちょっとのことでも風邪をひきやすく、胃腸にきたり発熱したりとさまざまな症状を出して大騒ぎするけれども死ぬところまでは行かない段階です。けれども無理を続けていると、徐々に器が小さくなり鈍感になっていきます。そうしてあっという間に頓死する可能性が出てくるわけです。

器が鈍感で小さいけれども密度が緊密な人は、風邪をひきにくい人です。鈍感ですから症状は出にくいわけですけれども、器が緊密にできているのでそもそも風邪をひきにくい。いわば小さな器が前者とは異なり大きくなっていく可能性が高いものです。ということは器も大きくなっていきやすい状態です。

とは言っても両者とも、生活状況によってどのようにも変化しますので一概に語ることはできません。現在の器の状況を想定したうえで、どのように傾いていくのか、どのように傾いていくとよりしっかりした器の状況を身につけることができるかということを考えていくことが、治療方針を考えるということです。

器を述べる場合の敏感さ鈍感さというのは、身体が具えている状態について述べています。本人の感受性は、身体に向いている場合もありますけれども多くの場合は勉強や趣味に向いていますので、器の敏感さ鈍感さとリンクすることはあまりないのではないかと思います。

これで説明になっていますでしょうか。

この器の概念は古典にはないものです。弁証論治を考え病因病理を考えていく中から生まれてきた、一元流鍼灸術の独創によるものです。けれどもこの概念がないと、生命を診るという中身そのものが危い疑わしいものとなってしまいます。変化の中で観ていくということを前提としつつ考えを深めていってください。


■ 問


器の概念について説明いただき、ありがとうございます。
お財布と資産の例え、おもしろいなと思いました。


> 器が敏感で大きいけれども密度が粗いという場合は、ちょっとのこ
> とでも風邪をひきやすく、胃腸にきたり発熱したりとさまざまな症
> 状を出して大騒ぎするけれども死ぬところまでは行かない段階です。
> けれども無理を続けていると、徐々に器が小さくなり鈍感になって
> いきます。そうしてあっという間に頓死する可能性が出てくるわけ
> です。
>
>
> 器が鈍感で小さいけれども密度が緊密な人は、風邪をひきにくい人
> です。鈍感ですから症状は出にくいわけですけれども、器が緊密に
> できているのでそもそも風邪をひきにくい。いわば小さな器が前者
> とは異なり大きくなっていく可能性が高いものです。ということは
> 器も大きくなっていきやすい状態です。

この例えで、新たに感じたことは、
・緊密だと、今後、器が大きくなる可能性が高い
・粗いと、今後、器が小さくなる可能性が高い
というように、器の今後の変化の目安になるのかな、ということでした。

そしてまた、器が緊密であり続けるのは難しいのかな?という疑問も
出てきました。
理想の器としては、敏感で、大きくて、密度が緊密なのがいいのかなと
なんとなく思っていたのですが…

緊密だと、器が大きくなり、密度も粗くなる?
再び緊密になったとてしも、また器が大きくなり、粗くなる…?
でも器が大きくなるにも限界がありそうだし…
ん?そもそも大きくなっても、密度は緊密なままなのかも?

疑問が疑問をよびます…分かっていない証拠ですね(笑)
[器]という単語に囚われすぎているのかもしれません。


> 器を述べる場合の敏感さ鈍感さというのは、身体が具えている状態
> について述べています。本人の感受性は、身体に向いている場合も
> ありますけれども多くの場合は勉強や趣味に向いていますので、器
> の敏感さ鈍感さとリンクすることはあまりないのではないかと思い
> ます。

それでは、敏感・鈍感かは、施術者が問診や切診を通して、推測する
わけですね。(大きさや密度についても同様ですよね)


> この器の概念は古典にはないものです。弁証論治を考え病因病理を
> 考えていく中から生まれてきた、一元流鍼灸術の独創によるもので
> す。けれどもこの概念がないと、生命を診るという中身そのものが
> いかがわしいものとなってしまいます。変化の中で観ていくという
> ことを前提としつつ考えを深めていってください。

とっても大事な概念…がんばって取り組みます!


■ 答


> この例えで、新たに感じたことは、
> ・緊密だと、今後、器が大きくなる可能性が高い
> ・粗いと、今後、器が小さくなる可能性が高い
> というように、器の今後の変化の目安になるのかな、ということでした。


そういうことです。


> そしてまた、器が緊密であり続けるのは難しいのかな?という疑
> 問も出てきました。

そういうことです。自然に緊密である場合には、充実していく感じ
があります。気力が溜まっていく状態です。成長期です。成長期で
もないのに緊密さを保とうとしてすると、肝気を張ってごまかすこ
とになります。さらに病的になってくると、実力以上の自分を出そ
うとして肝気を張り腎気が損傷されて悪循環を起こすことになりま
す。また、腎気が損傷されて今まで通りの緊密さを自然には保てな
いにもかかわらず頑張って表面を繕うこともあります。このあたり
の状態を腎虚肝鬱などと表現しています。


> 理想の器としては、敏感で、大きくて、密度が緊密なのがいいのかなと
> なんとなく思っていたのですが…

そうなんです。がそこは生物ですので、より敏感でより大きくてよ
り緊密な状態へと成長していく、という表現となります。理想の状
態というのはないということですね。それぞれのその状態が今ある
ということです。そして、今のその状態を受け入れ、それを育てる
にはどのような方向を向いていけばいいのか、ということを考えて
いくことになります。ここを我々は手助けしていくわけです。


> > 器を述べる場合の敏感さ鈍感さというのは、身体が具えている状態
> > について述べています。本人の感受性は、身体に向いている場合も
> > ありますけれども多くの場合は勉強や趣味に向いていますので、器
> > の敏感さ鈍感さとリンクすることはあまりないのではないかと思い
> > ます。
>
> それでは、敏感・鈍感かは、施術者が問診や切診を通して、推測する
> わけですね。(大きさや密度についても同様ですよね)

そういうことになります。


■ お礼


疑問に答えていただき、ありがとうございました。


>> そしてまた、器が緊密であり続けるのは難しいのかな?という疑
>> 問も出てきました。
>
> そういうことです。自然に緊密である場合には、充実していく感じ
> があります。気力が溜まっていく状態です。成長期です。成長期で
> もないのに緊密さを保とうとしてすると、肝気を張ってごまかすこ
> とになります。さらに病的になってくると、実力以上の自分を出そ
> うとして肝気を張り腎気が損傷されて悪循環を起こすことになりま
> す。また、腎気が損傷されて今まで通りの緊密さを自然には保てな
> いにもかかわらず頑張って表面を繕うこともあります。このあたり
> の状態を腎虚肝鬱などと表現しています。

大変、勉強になります。別の意味で、耳が痛いです(笑)


>> 理想の器としては、敏感で、大きくて、密度が緊密なのがいいのかなと
>> なんとなく思っていたのですが…
>
> そうなんです。がそこは生物ですので、より敏感でより大きくてよ
> り緊密な状態へと成長していく、という表現となります。理想の状
> 態というのはないということですね。それぞれのその状態が今ある
> ということです。そして、今のその状態を受け入れ、それを育てる
> にはどのような方向を向いていけばいいのか、ということを考えて
> いくことになります。ここを手助けしていくわけです。

実際に、常に変化していく状況を把握し、舵を取るのは難しそうですね。
そのさじ加減は、臨床経験を積みながら、学んでいくわけですね。

どうもありがとうございました。
また新たな疑問が出た際には、質問させていただきます。
■ 人間の生老病死

人は生まれて(誕生)、子供時代をすごし(成長)、性的な充実を迎え、
大人となり(成熟)、老人となります。

この一生の変化を東洋医学ではどのように捉えているのでしょうか?

■ 器の概念 :問

さて、人の生老病死を東洋医学で考えるときに、器の概念を用いることがあります。
器の概念は、器の大きさ、密度、敏感さでみていきます。

たとえば、健康な大人は、大きな器で、濃い密度であり、外界に対して敏感に反応する力があるということです。

ところで、ここで『先生、質問があります』

陰陽五行で人を診ることと、器の概念で人をみること。
どうちがうのでしょうか?

ひとつ思うのは、陰陽五行で、人の一生をあらわそうとするとき。
たとえば、腎虚は老人という言い方があると思います。でも、子供でも腎気が不足
することはあります。腎虚の子供というと、おかしい(^^ゞでも現実に子供に
六味丸などという対応が古来よりあります。

器の概念は、このあたりを乗り越えるために提示された概念なのでしょうか。

■ 器の概念 :答

この器の概念の前提には、「一つの場」を設定して、それを陰陽というものさし五行というものさしで観るということがあります。「一つの場」を観ている、その観方が、単純な観方から詳細な観方へと、まるでピンボケのカメラのレンズの焦点を合わせるように、一という混沌から二へそして五へと詳細に繁雑になるにしたがって物事がより明確に整理されるようになっていくわけです。

ここから一歩引いたときに気がつくのは、場、そのものの状態が変化するということです。せっかく一つの場を定めて、それを陰陽と五行という観点から整理しようとしているのに、その「場」そのものが変化してしまうわけです。そこでその変化の方向を記述する言語が必要となります。それが、器の概念です。

器の概念そのものは Hさんが述べられているように三点〔注:器の大きさ(量)、密度(質)、敏感さ(速度)〕の観方です。これは、その場がどのように変化するのか、内外の状況によってどのように反応するのかという、「一つの場」の性質を記述するものです。三点全部が各々のレベルや強弱で組み合わされて、その場が構成されていると考えます。

一元流鍼灸術ではこれを使って、生老病死の基本的な場の状態を記載しています。この基本的な型を押さえた上で、個々の患者さんの病因病理を考えるようにしているわけです。

■ 変化し続ける今の生命状況を理解する

人間を診るということにおいては、その対象となる「一つの場」が変化する、生老病死することです。そしてこの生老病死という一定の法則の土台の上に、個人差が表現されています。このあたりのことを明確にするために器の概念が提示されています。

陰陽五行というのは与えられている「一つの場」をいわば内側―空間として把握するものさしです。これに対して、器の概念は、その一つの場の有様を変化という側面に焦点を当てて外側―時間軸で把握する概念です。これを相互に組み合わせて考察していくことによって、動きの中での今の生命状況を理解することができます。

ここが重要なところとなるわけです。

この人とブロともになる