fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

■付:知識を得ること知恵を得ること


一元流鍼灸術では、「一」ということを学びます。「一」の眼差しがすべてを貫
通していることです。このことを理解できるようにテキストは祈りを込めて作ら
れています。

けれどもこれを理解することは、なかなか難しい。難しい理由は、多くの場合こ
れまでの勉強法にあります。言葉を暗記してそれで試験を受けて合格する。この
繰り返しを勉強と称して行ってきた方がほとんどでしょう。社会的な要請として
も、それがその人の技術のレベルを示すものとされてもいるわけで、免状なども
それを規準に与えられるようになっています。


これに対して一元流鍼灸術では、「一」の理解を通じて人間を理解するというこ
とに特化しています。応用自在の知恵である「一」に対する理解の方法を提供す
ることによって、人間理解を個別具体的に行えるように工夫しているわけです。

知識というものは、この「一」に対する理解すなわち知恵あるいは言葉を使っ
て、「一」に対する理解を表現したものです。この意味で、知識とはその本来の
意味で飾りであり、群盲が象を撫でて語った言葉の集合です。ですから知識をい
くら積み重ねても、目の前の人間を理解することはできません。


表現者としてそこすなわち対象が存在する場所に、自身を存在させなければなら
ないわけです。暗記した言葉、書かれている古典などは、その「表現された言
葉」に過ぎません。表現された言葉をいくら積み重ねてみても、それは言葉を超
越して存在そのものに肉薄することはできないわけです。


言葉は、存在しているものをパターン化し、その作成されたパターンに存在を当
てはめることが、理解しているということだとします。しかしこれは間違いで
す。パターンが作成される以前に存在はそこにあり、それを理解するために「仮
に」パターン化された言葉でそれを表現しているに過ぎないのです。仮の姿は―
あたりまえのことですが―実在ではありません。この「実在」こそが本来の意味
での「古典」であると、一元流鍼灸術では主張しています。


『易』の「繋辞上伝」には、「易は天地と準(なら)う。故に能く天地の道を弥
綸す。仰いでもって天文を観、俯してもって地理を察す。」と述べられていま
す。すなわち、自身が生き生かされているこの自分の位置、自分の生命を明らか
に体験する中から、初めて瑞々しく生まれ出てくる生命-知恵によって発見され
た生命-に触れることができる。これこそが存在そのものに触れることのできる
位置である、と述べられているのです。

この生命を生きている私。この私の生命を用いて全力で相手を理解しようとす
る。このことが知恵による人間理解の基本となります。

言葉を多く積み重ねて記憶し、パターン化されたそれをその人間存在に当てはめ
ることは「人間理解」ではない。それは「人間理解」とはまったくかけ離れたも
のだということ。このことは一元流鍼灸術の知恵を修得する上で、重要な上にも
重要なこととなります。

                   伴 尚志
スポンサーサイト



> 「いのちに触れる」とはどういうことなのか?、
> ヘレンケラーが水を理解したときの感動は「いのち」に触れたから、
> というお話がありました。

ヘレンケラーのあの、「Water」という言葉を理解した時の話は、思い出すだけ
で感動と共感を覚えます。なぜなんだろう?とても感動しちゃうんですよね、
私。

ヘレンケラーは、その言葉が水を指している以前から、水を感じることはできて
いたんだろうと思います。そしてその、鮮烈な流れの心地よさを、自分だけのも
のとして感じ取ることができていた。自分の世界の中で、その感動とともに生き
てはいた。

ところが、サリバン先生の努力のおかげで、生命世界のその部分に名前がついて
いて、そこが共有されている(かもしれない)ということに気が付く。自分だけ
の世界ではない。世界が共感の下に開かれている(のかもしれない)ことに、心
が触れる。

言葉の世界の無限の偉大さに、ヘレンケラー(に共感している私)は感動するわ
けです。

生命世界は実はすべての人々の足下に今、開かれています。それに触れようとし
ないのは、触れようとしてもできなくなっているのは、言葉の世界を中心に考え
が構成されている、「自己という牢獄」に住んでいるためです。

ということは、ヘレンケラーは、生命世界に触れたのではなく、言葉の入り口に
立って、そこに感動したということなのでしょうか。そうですね。言葉の牢獄へ
ようこそ、文明世界へようこそという「感動」でもあるのでしょう。

言葉はある意味、光り輝く曼荼羅の世界です。生命曼荼羅は、言葉というシンボ
ルの、光り輝く積み重ねで作られている(ように見えます)。その世界がまるで
生命を超えて存在しているかのように思えるため、ネオン輝く歓楽地に(見える
地獄に)あこがれ、人々はその世界にはまっていきます。いわゆる学者、いわゆ
る学問という世界にはまっていくことがそれになります。知識人が蓄積してい
る、世界の区別判別、世界を名付けて理解した気持ちになっていること。それこ
そが言葉の氾濫によるものであり、湯水のごとく浪費される言葉の泥濘です。


> ちなみに赤ちゃんから3歳頃までは「いのちに触れて」いるそうです。
> ということは、その頃の感覚を思い出すことができれば、
> 「いのちに触れる」ことができるのかなぁと考えていました。

ヘレンケラーも赤ちゃんも、いのちの中に生き、どっぷりと生かされているわけ
です。実は私たちもそうなんです。けれどもそれを忘れてしまいます。その理由
は、自己という壁にしっかり囲われた、自己という牢獄の中に私たちが住んでい
るためです。このこを仏教用語では「火宅」(かたく)と呼ばれています。

常識という牢獄です。自分自身のあたりまえを点検することなしには、この牢獄
から抜け出すことはできません。

言語過剰な欧米の文明はまさにこの「火宅」の中での喧噪です。

病名を決め、その病名を消すために築かれている現代医学の行き詰まりは、実は
ここにあります。すべての苦しみからの解放としての死を前提としない医学とい
うのは、非生物的なものです。生命世界に寄り添っているものでは、実はありま
せん。

ナラティブテクノロジーと名付けられている、脱科学的な新たな人間理解の手法
なども、言葉を手掛かりとしたものである限り、新たな誤解の積み重ねになるで
しょう。

鍼灸師であればその次の世界、切診を基軸とした四診を手掛かりとした人間理解
の方法が、築かれるべきであると考えています。


> ヘレンケラー、子どもの頃に漫画の伝記で読んだことがあるかな、
> くらいしか知らないです。もし、ヘレンケラーについてお勧めの本が
> あれば教えてください>伴先生

本に何かの理解が書かれているとは私が思っていないことは、上記の文章を読ん
でいただければ理解されると思います。本に書かれていることは、ヘレンケラー
に対する誤解でしかないだろうということも、理解されるのではないでしょう
か。人は、自分が理解できる範囲内のことしか、理解できないものですから。そ
の範囲内で書かれている書物など、私にとってはヘレンケラー(に感動した私)
に対する侮辱でしかないと私は考えています。

伴 尚志
■弁証論治の要諦

そこに存在しているものを四診をもって感じ取り、それをできるだけ誠実に表現
しようとすること、それが弁証論治において行なわれていることです。その生命
の流れを酌み取りそのまま表現しようとするわけです。

そのまま表現する時には、聞く耳を立てるということが必須となります。よく聞
くこと、自身の判断を停止してよく聞くということです。判断や評価が先に立つ
ときには、きちんと聞けていないと知らねばなりません。

聞き取ったものを壊さないようにそっと手に持ちます。それが原資料となりま
す。その表情を壊さないようにしながらそれを五つの観点でふるい分けてみま
す。五臓の弁別です。ふるい分けるときに思考は入らないのでしょうか、評価は
入らないのでしょうか。ここが非常に気をつける必要があるところです。

ふるい分けることが目的ではありません。ばくっと分けてみるという程度のこと
で、そこから五臓の気の厚薄の傾向をみるわけです。

また、評価は入りません。評価が入るとふるい分けに歪みが出ます。それでは思
考は入らないのでしょうか。実はそれが入るのです。評価以前の思考。直感的な
思考が入ります。「直感的に分けるんですよ」と言われているのはこのためで
す。

その直感はどこから来るものなのでしょうか。それは、その患者さんを本当に理
解したいという思いからくるものです。このおおもとの感覚がとても大切です。
それは感覚ですから非常に頼りにならないもので、そのままではさまざまな迷路
に陥る可能性があります。そこでここにその感覚を支える視点、気一元の観点が
必要となってくるのです。

気一元の観点とは、何を一括りとするのか、どのような生命のうねりの中にその
人生はあるのか、ということを、その生命そのものに沿って観ていくということ
です。この全体感を見失わないことが大切です。ぼやっとしていてもかまいませ
ん、みえないということでもかまわないのです。けれどもそのままの生命の有り
様をみつめていくためには、この全体観=気一元の観点を見失わないことが非常
に大切な基本となっていきます。

この気一元の観点を支えにして自身の感覚にしたがって存在の声を記述していく
こと、ここに弁証論治の要諦があり、弁証論治の中に観念的な評価や判断を入れ
ないコツがあります。

                伴 尚志
■勘を働かせることの大切さ


四診を取る時も、
五臓の弁別を作る時も、
病因病理を作る時も、
日々の治療をする時にも、
その底にいつも必要なものは、
勘をよく働かせるということです。

それでは、きちんとした勘というのはどこから起こるのでしょうか。

それは、一、を意識するところから起こります。
一、というのは一部ではなく、全体まるごと一つのことです。
全体とは何か、まるごと一つとは何かということを、
実はここで考える必要があります。
よく考えてみてください。
その時その時毎瞬々々の不完全さの中に
全体まるごと一つがあるというのが人間の姿です。
いつも不完全なのですが、
その時その時には
その時示している以外の姿を取りようがない
そういう意味で完全です。
そういうまるごと一つを見る、
そういうまるごと一つの変化が時系列であらわれます。
それを見るわけです。そのことを勘働きと呼んでいます。

全体観を離れて、文字にとらわれると、勘は死にます。
全体観を離れて、経穴や脉にレッテル貼りを始めると、勘は死にます。

胃の気を見るということは全体の生命状況を見るということです。
ですから、胃の気とレッテルを貼られた静的な状態が存在しているわけではありません。

動きとしての胃の気の状態をしっかり把握することはとても大切なことで、

胃の気の方から今出ている現象を考えていくということがとても大切です。

胃の気の方から考えるということは、
生命の方から考えるということです。
生命力の有様を考えて
その変化の中から今の状況を判断していくということが大切です。

今の状況にレッテルを貼って辞書でひくことと、
今の状況を生命力の曖昧さの中から眺めていくということ
考えを進めていく方向は真逆になります。
その違いをよく理解していただきたいと思います。


■昨年末アップしていた「胃の気の脈診」、一割ほど書き直してアップしました
 以下のアドレスの冒頭部分をクリックすると、PDFファイルが開きます。
https://1gen.jp/1GEN/RONBUN/INOKI.HTM


伴 尚志

この人とブロともになる