fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

■坂出祥伸先生の気の概念と伴 尚志のコメント2

■第一に、生命体、非生命体を問わずともに「気」から成る、と考えられてい
る。星も「気」であり、鉱物も「気」である。

〔伴注:この、すべてが「気」から成るということがたいへん重要なことである
ということは、前の『気のコスモロジ―』石田秀実著の紹介で述べたとおりで
す。これは本当に基礎的なことです。けれども、「気」を理解しているという人
ほど、ここの、しっかりとした理解がなされていません。外気功の神秘的な力の
みを「気」と呼んでいる人が多いわけです。場合によってはその「気」を真気と
濁気に分けてみたり、正気と邪気に分けてみたりします。あるいはさらには、神
の気と衆生の気とか、養気と病気とに分けてみたりもします。経絡の陽経の気と
陰経の気では異なると語る人もいます。それぞれ感じることのできるものでしょ
うが、そこに気の問題の本質があるのではありません。分けて表現することが大
切なのではなく、統合し「一の変化」としてそれを観るところが大切です。〕


■第二に、「気」は宇宙に充満しており、始めも終わりもなく、連続していて分
割できない。

〔伴注:第一と分けて語るところに、この坂出先生の思考の丁寧さ緻密さを感じ
ます。第一の「生命体、非生命体を問わずともに「気」から成る」ということが
本当に理解できていれば、この第二の概念は本来は必要ありません。けれども、
第三の「部分と全体は相互に関連しあっていると」という概念を導き出すために
は、この全体観・普遍性の概念が必要となります。

一元流鍼灸術では、さらに統合的な気の所在について「一」の概念として提示し
ています。濃度が一定で一つにくくられそうなものを小さな「一」とし、「生
命」の場の概念としています。ここが大切なところです。ここから初めて、不完
全な生命を抱いているがゆえに人間は病み、その不完全さのまま完全さを想起す
ることができるわけです。そしてその「不完全さを抱いたまま、あるがままにあ
る今の完全さ」が、ここに実現しているわけです。治療家はここに手を入れてい
くわけです。

のべっとして宇宙大に拡がる気の概念だけではなく、濃淡があり、くくりがある
気の概念を提示しているわけです。つまり、この世界には、「一でくくられる
気」がそれこそ「存在」の数ほどあるということです。その無限の数の多層な小
宇宙の重なりの一つの粒子として私たちは存在しています。この限りない美し
さ、はかなき事実に、気づくことができると素晴らしいですね。〕

伴 尚志
スポンサーサイト



■坂出祥伸先生の気の概念と伴 尚志のコメント1


『中国思想における身体・自然・信仰』東方書店 坂出祥伸先生退休記念論集
「私は「気」の思想とどうかかわってきたのか」より(二〇〇一年五月一一日)

中国思想は儒教であれ、道家の老子や荘子であれ、また道教であれ、「気」の概
念を共通の基礎としている。・・・(中略)・・・

人間の身体だけが「気」で成り立っているのではない。生命あるものすべてが、
「気」をその生命の根源としているのである。・・・(中略)・・・

生命あるものばかりではない。この宇宙の間にあるすべての存在が「気」から成
り立つと考えられている。・・・(中略)・・・

戦国時代から前・後漢時代(前四世紀から後二世紀)にかけて、「気」の観念の
大きな枠組みはほぼ完成したといってよい。それは、この時期に黄帝内経医学、
本草学(薬物学)、天文気象学(実は占星術や望気術などの呪術)が発達したか
らである。


かくて体系をととのえた「気」の観念は、その特徴を次のような五点に整理でき
る。ただし、それらの特徴は互いに関連しあっている。


伴 尚志
■石田秀実先生の気の概念と伴 尚志のコメント


『気のコスモロジ-』岩波書店 石田秀実著 2004年7月

まずは石田秀実先生から。この人は私が本当に尊敬している、求道的な学者で、
まるで学問の道を逍遙游しているような人です。外気功によって放射される気
を、「気」として研究される傾向があることに対して、根本的な疑問を投げかけ
ています。そして、この先生の気の概念は、私のものと同じであり、一元流鍼灸
術の気の概念も同じであるということを申し述べておきます。


「前述の「物質科学のまなざし」に歪められて、気という概念についても、物質
であるだとか、超物質だといった見当はずれの解釈が流行している。伝統的に気
という言葉によって指し示されているのは、この自然世界の森羅万象、私達の身
体を包んでいるさまざまな事象すべてのことである。変化流動し続ける自然世界
の全体を、東アジアの人々は「一つの気」という言葉で呼んだのだ。西欧の人々
が、あらゆる事象を永遠不変の形相(イデア)と質料(ヒュレー、マテリア)と
から成っていると考え、後者のマテリアからマテリアル(物質)という概念を作
ったのとは全く考え方が違う。逆にいえば物質とか超物質とかいった概念とはま
ったく異なる概念だからこそ、気という概念はあらゆる事象すべてを指し示し、
「心と肉体」に二分割される手前の、まるごとの身体そのものを語ることができ
る。脳の知に幻惑されている私達が、その幻想から逃れて再び身体の知を感受す
る細い道を、気という言葉は指し示してくれるのである。」<「気のコスモロジ
―」まえがき:石田秀実著>


読んでみるとこれは常識の部類ではないかと思われるでしょう。けれども、自慢
家というものはこのような文章を読んでもまた自身で書いても理解できないもの
なのです。ネットで拾ったその文章を以下に紹介しましょう。ご本人の名誉のた
めに、アドレスや氏名は伏せておきます。

「 〈気〉は一方では物理的な存在で、他方では精神的な存在である。別の種類
の〈気〉があるわけではない。同時に物理的かつ精神的なのである。

・・・(中略)・・・

 〈気〉は、私が手をかざせば、十人に九人は感じることができる。だが〈気〉
の感覚は、単に触覚的なものではない。奥田鳳作の『長沙腹診考』には「手にて
見ると思うべからず。心に応ずるを得て知るべし」とある。〈気〉の感覚は表面
的・部分的なものでなくなった時にホンモノになる。「感覚」という言葉より、
「感性」という言葉がふさわしい。感性は育てられるものでもある。〈気〉を頭
から否定しようとする人には、〈気〉を感じる感性は育たない。」


気を、特別なものと観る人には、〈気〉を感じる感性は育たない。と申しておき
ましょう。存在するもの全てを愛おしむ心が、シャーマニズムの世界を築きまし
た。いわく、全てのものには神が宿る、いわく、全ての中に仏性はある。これこ
そが日本民族が持ちつづけてきた柔らかい感性のあり所であり、神といい仏性と
いうそのものこそがいわゆる「気」に他ならないと認識する必要があります。こ
れは西洋におけるいわゆるエーテル学説となるわけです。―いや、これも語りす
ぎになるでしょう。ごく瑣末な我々自身あるいは物どものすべて、その濃淡のす
べてまるごとが、古人によって気と呼ばれているものです。

全てのものの中に神が宿り仏性が宿っているということは、何も宿っていないこ
とと同じである、というのがエーテル学説を否定し批判する学者の言葉なので
す。まさにその通りなのですが、実は一つだけ違いがあるのです。それは、私と
いう観察者と、観察されるものとの対立関係を、エーテル学説は否定することと
なるということです。つまり、全ての中に私はあり、私を含めた全ての中で学問
は進んでいくしかない、科学は進んでいくしかない、そうエーテル学説は語って
いるわけです。不揃いな砂粒がそこに存在していて、完全な客体として自己があ
るという、実験室科学(これが西洋における科学技術を発展させて根幹となるも
のなのですが・・・)を否定し、「私」もその中にあって互いに影響し合う中か
らしか観察はできない、とエーテル学説は述べるわけです。

この中から実は量子力学が生まれ、相対性理論が生まれ、世界―内―存在を問い、
時間と空間とエネルギー(生命)の問題について根源的な問いかけを今もし続け
ているハイデッガーの哲学が生まれてくるわけです。ちなみに、このハイデッガ
ーの哲学は仏教の空観に通じ、ついには東洋医学の認識論にも通じていくという
ことを押さえておいてください。

                     伴 尚志

この人とブロともになる