FC2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

東洋医学の治療効果を宣伝したいがあまり、治療技術という側面から東洋医学の秘伝を探求する傾向があります。他の手技や治療技術あるいは民間療法でも西洋医学でもこの同じ舞台、治療技術という側面から研究開発が行われています。それと張り合いたい東洋医学家がいるということなんですね。

けれども未病を治すという言葉があるとおり、東洋医学の本態は生命力を増進させるというところにあるのです。別の言葉を用いると、生命力の発条と病気とを分離せず、生命の中に病気があり生命の涯(はて)に死があるという考え方を東洋医学は基本的に採っているわけです。

生きている間は死んではいない、生きている。その生命をいかに生きるかというところが、今生きている人々の、個々人のお楽しみなわけですね。それに寄り添うようにより活発に生きることができるように励ましていくということが、東洋医学の本来の役目です。

そのために人間理解があり、そのために生命の中のどの部分がどのように病んでいるのかという病態把握があるわけです。そしてこの生命を理解する方法論を「弁証論治」と一元流鍼灸術では呼んでいます。病気はその生命の中の一部にすぎない。生きている生かされているから病があり困窮するところがあるのであって、その逆ではないということが基本的な発想となります。

東洋医学の病気治しの基本は、病気を治すことにあるのではなくて、生命力を増進させることによって増進された生命力が自然に病気を治していくと考えるところにあります。そのために「東洋医学の人間学」を学び構築していこうとしているわけです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/180-34b7cff3

この人とブロともになる