fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

人間理解としての気一元の観点


一元流鍼灸術では、気一元の観点に立って人間を観、治療していくということを基本姿勢としています。

この「観点に立つ」ということはどのような意味か、ここが意外と問題になるようですので説明しておきます。

一元流鍼灸術は、東洋医学の観点に立った治療技術です。その基本は人間理解にあります。気一元の観点に立つということはどういう意味かというと、生きて動いている生命そのものの観点に立って観るということです。

患者さんは治療院に来院される際、多くの場合、病気や苦痛を訴えています。治療院に対して求めるものがそれに対する解決です。その訴えをそのまま聞いていると、病気の側に立ち病気に対してだけ治療を進めるという姿勢が出てきます。

病気の原因を探求し、それがその人の心身の中でどのような位置づけになっているのか。これを解決するにはどうすればよいのか。これが悪化するとどういうことになるのか、というような全人的な人間理解の観点はここからは出てこなくなってしまいます。けれどもこの全人的な人間理解の観点はこそが、実は東洋医学の観点なのです。

このため一元流鍼灸術では、気一元の観点という言葉が大切にされているわけです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/190-2f9e9697

この人とブロともになる