fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

次に掲げている図は、今ここにあるいのちと、その表現方法についての関係を表したものです。この図の外に、言葉に言葉を重ねて、虚言、妄言を吐いている人々の大いなる闇が存在しています。虚言妄言は、妄想が文字を作り出しているため、この量の多さと価値のなさとの落差には、驚くべきものがあります。最も目立つものですけれども、ここでは全く触れていないということに注意して下さい。より大切なこと、意味の裏付けのある、リアルな言葉についてだけ、この表にまとめてあります。

知の構造の図
知の構造の図

今、目の前にいる患者さんの生命の声を聴き、言葉を紡ぐこと。これが現代においてわれわれ鍼灸師が実践していることです。ここにおいて今、未来に向けた古典―基礎とする価値のある言葉が積み重ねられていくわけです。

生命の声を聴き、言葉を紡ぐというこの行為は、道を求める者たちのやり方でもありました。「今、ここ」にある「いのち」は、常に変化しているものですから、それに触れることはたいへん難しいことです。ましてやそれを表現する言葉など存在しません。そのため、誠実な求道者はただその「いのち」を楽しみ、今を生きることになります。その「いのち」を楽しみ今に生きることを日本民族は「かんながら」と表現してきました。

ただあるがままに生き、あるがままに死ぬ。その間の短い生をありがたくいただいて、生かされるままに生きることを味わってきたわけです。

そのような人々が言葉を知り、「いのち」のリアリティーから少し離れることになると、泣き始めます。その泣き声が世界に陰翳を作り出し、幸不幸という相対概念を発生させます。

そしてその同じ泣き声によって、求道、真のリアリティー―生命そのものに触れるための旅路が始まります。これが物語の始まりです。


この図は、そのような求道者のもつ言葉のありさまを表現しているものです。現代社会に氾濫している虚言や妄言は、ここでは触れていません。真実のある言葉だけを配当した地図です。

何度も述べていますが、存在そのものは言葉で表現することはできません。そのような存在そのものをここでは「いのち」と、呼んでおきます。「いのち」に触れその中身を表現しようとした人は古来たくさんいます。それがこの一番下に書かれている言葉です。「万物一体の仁」(王陽明)「仏性」(釈迦)「自他一体」(不明)というのがそれです。「仏性」以外は「いのち」の実体を表現しようとしている言葉です。概念として意味をもつ言葉を用いてしまうと、「いのち」そのものよりも狭くなってしまうのは致し方ないことです。


「いのち」に触れることも、それを表現することも、実はたいへん難しいことです。そのため、その「方法」を図に書いておきました。それが「自己を手放し存在そのものを感じ取る」という心の姿勢です。その姿勢を継続していっても、実際に時々刻々変化していく「いのち」は、触れたと思ったときには逃げていきます。そのため、それを求め続ける心を維持する必要があります。

「得た」と思った時はそれは「逃した」時です。その求める続ける心を維持するための動機となるものが「永遠の疑問」を持ち続けることです。これは、ほんとうはどうなんだろうと考え続ける、好奇心を持ち続ける、ということを意味しています。

「自己を手放し存在そのものを感じ取る」ように心がけていくと、言葉の裏に何が隠されているのか感じ取れるようになります。そして、言葉には軽重があるということが理解できます。華麗な言葉、難かしい言葉、複雑すぎ繊細すぎる言葉の多くは、事実と乖離した、空論です。「いのち」に近づけば近づくほど、言葉は失われ、存在が力を持っていきます。この辺り、言葉を手放して「いのち」そのものに肉薄していこうとする方向のことを、「求道の方向」という言葉を用いて表現してみました。


この「いのち」を、鍼灸師は自分の内側に求め、そして、患者さんの内側の動きが外側に表れているものとして観察します。

内外の別はありますが、心の用い方は同じです。「自己を手放して存在そのものを感じ取る」ということです。なぜ自己を手放さなければならないのでしょうか。あるがままの「いのち」をありのままに受け容れるためには、自己の枠組みというものが、小さすぎて邪魔になるためです。自分は分かっているという思い込みはもちろんのこと、自分の考えや感情や知識であっても「見る」ことを妨げます。じっさいの「いのち」に触れる前に答(「わかった」とか「わからない」という判断)を出してしまうためです。

じっさいの「いのち」に触れることをさせない、もっとも強い妨害者が自分自身です。あるがままにあるものをありのままに「見る」ということを、私たちは自分自身に対して赦していません。そこが大きな問題であり、問題の根源となっています。


禅でよく言われる「不立文字」『易』でいうところの「感応」の世界が、この「いのち」と共に生きている自分自身の位置を正しく表現しています。表現や理解を拒絶し、ただありのままにそこにあるものと、響き合う世界があるだけなのです。これが下段に書いてあることです。

次に、その「いのち」に触れたときの感動を表現しようと人はします。それが、詩や音楽という芸術の基となります。宗教家であればこれが、「いのち」に触れるという真理へその精神を導く、言葉や指導となるでしょう。言葉として、より客観性を帯びさせようとしたものとしては、我々がおこなう弁証論治や科学的な表現があります。感じとった「いのち」をできるだけそのまま表現しようとしているわけです。「いのち」はあるがままにあり、変化し続けています。ですからそれを表現し尽すことはできません。けれどもその不可能な行為をやり続けているものが人であると言えます。これが二段目に書かれていることです。


「いのち」は言葉を拒絶します。意味ある言葉にされたものはすでに「いのち」から隔たっています。おもしろいのは、図の上に行くほど言葉が多くなることです。真実を核としていてもこれほど多くの言葉が費やされなければならないことに私は驚くほかありません。しかも、表現されきることもないのです。なんて豊かな世界なのでしょう。

この図は誠実な人々の言葉についてのみ、述べているものです。「いのち」に触れ、それを表現し、「いのち」の実体によって世界を導こうとしている人々。「いのち」に帰ることで、人々をその視野狭窄から救い出し、安らぎの世界に導こうとしている人々が、心を尽して語っている真実のある言葉です。

これらの人々とは異なり、現代には、「いのち」を知ろうともせず言葉に言葉を重ね、あるいは虚言・妄言までをも吐く人々で満ち溢れています。このような人々の言葉は、他の人々を巻き込んで、人が「いのち」そのものに触れることを絶対に赦さないかのようです。妄想の檻を作っているのです。その妄想はとても深く厚い雲となって、世界を覆っています。

自分を見、人を見るためには、その雲を払い、檻から出る必要があります。


鍼灸師は、「いのち」の只中に立ち、四診を通じて生命の偏りや揺らぎを知り、それを調整しようとしています。ですから、「いのち」をきちんと「見る」姿勢が、その基礎になければならないわけです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/210-3d2605d3

この人とブロともになる