fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

『生命にまなぶ鍼灸医学』シリーズが続きます。
今回は、身体観を三種類に分けてみています。個々の詳細については、それぞれ次回から述べていきます。
さて、東洋医学ではこの「一」の括りについて、いくつかのパターン化された考え方が提供されています。これらのことを一元流鍼灸術では「身体観」と呼んでいます。

『ー元流鍼灸術の門』の五行の篇に、その一元流鍼灸術で捉えなおした身体観が、まとめて述べられています。それは大きく分けて三種類あります。

・後天の気である土を中心とする、脾土の身体観
・先天の気である水を中心とする、腎水の身体観
・人身の天地をつなぐ木を中心とする、肝木の身体観

がそれです。

言葉にしてしまうと平面的になってしまいますが、前文で述べたとおり、言葉の裏側にある生命そのものを、リアルに認識しようと努力して下さい。このそれぞれが、まるごと一つの身体を、立体的に、かつその着眼点―重点を変えながら表現しているわけです。
ヒポクラテス―ガレノスの医学を嗣ぎ、中医学やアーユルヴェーダを取り込んでいるといわれイスラムに拡がったユーナニ医学の解釈書を読んでみるとやはりこの、言葉と実態との壁は非常に大きいことがわかります。古人が何を語ろうとしていたのかを、言葉からしか理解できていない。実際にそこに何を見、何を感じとろうとしていたのか、その言葉が発生される以前の「観察」への配慮が足りないわけです。

ちなみにこのユーナニ医学の『医学典範』は、18世紀まで西洋の医学大学で基本教科書となっていました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/215-883d7138

この人とブロともになる