fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/


弁証論治を考えていくということでもそうですし、脉を診るとか経穴を観察するということでもそうなのですが、実際にそこにいて観察できることはそれほど多くはありません。観察したことに評価を加えることができるものはなおさら少なくなります。

これは歴史の展望とか、個人史の記憶という時間軸においても共通するところです。

同じ仲間として、同じ食事を摂って同じように旅をしても、見える範囲も見えているものも異なるものです。ましてや微細な脉状や顏色や経穴などを診てそれを五臓に弁別していくという段に至っては、その正確さがいかにすれば担保できるのか、非常に難しいことであると言わなければなりません。患者さんの、時には生命を預かることもある仕事なわけですから、このあたりは用心に用心を重ねるべきであろうと思います。

そのように考えると、いわゆる名人の人たちがこれまで行ってきた、どの反応があれば肝とか腎とかという一対一対応での断定や、何なにの症状を目標として処方を決めるという手段などは、危なっかしくて使えないということになります。

そこで一元流鍼灸術で行っていることが、四診で得た情報は柔らかく握り、気一元の観点で病因病理を考察してまとめていくということです。


四診を用いて情報を得るという行為そのものは非常に熱心に行いますし、それなりの修煉を積み上げていくわけです。けれども、その情報そのものを漫然と信じるのではなく、限界を定めて利用するという姿勢を取ります。限界というのは自身の、現時点における限界でもありますし、また何を診ているのかということをきちんと理解した上で情報を活用するという、情報の価値そのものの限界もあります。

得た情報を気一元の身体の中で位置づけ利用しながら病因病理を考えていきます。そこには一気の動き、生命の動きというものはどのようになっているかという総合的な判断が求められます。この総合性こそが実は東洋医学の宝―生命です。

総合していく中で、伝統的な解釈におかしなところが見えたり、現代に通用しない概念が出てきたりします。そのような時には、現代の我々の観点から考察しなおして、新たな解釈を用いて病因病理を作成していきます。四診を柔らかく持ち、五臓の弁別を患者さんの個人史に沿って柔らかく行い、それらを磨き上げて、病因病理として作成していくことを通じて統合していくわけです。


このような作業を自分で「見えていること」を中心として行います。けれども見えていないことを排除はしません。見えていること確実そうなことが病因病理を作成するための基礎になるわけです。けれども、病因病理を作成しているうちに、論理として存在しなければならない情報が欠けていたり、無駄な情報が入っていたりすることに気がつきます。そこで今度はその論理にしたがって再度、四診で収集した情報を点検していくという作業を行います。これが臨床にしたがって病因病理を再検証していく作業につながります。

このようにして患者さんの実態にできるだけ迫っていこうとしているわけです。

ですから、わからないこと不確かなことを把握しておくということは、とても大切なことになります。不確かなところを心にしっかり位置づけておくことが、患者さんそのものへとさらに肉薄していく鍵となり、臨床的な姿勢が深化するきっかけになるためです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/240-d87ab22c

この人とブロともになる