fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

あるがままに診、治す


一元流鍼灸術の勉強会に入会希望の方からいただいたメールに「患者さんの生命をシステムに当てはめるのではなく、ありのまま診て治療できるようになるにはどのように勉強し経験を積んで行けば良いのかを学生時代からずっと考えていました。」というものがありました。

ありのままに診、治療する。ということはまさに一元流鍼灸術で目的としていることです。そして、ここには乗り越えなければならない大きな課題があります。

その一つは、ありのままに診るというとき、それを行う際の治療者側の心の姿勢が問われるということです。

患者さんが治療を受けにやってくる際、多くの場合は、症状をとってほしいという目的で来院されます。そうすると、患者さんの要求に応じようと術者の側も症状をとるために身体を診、症状をとるための処置穴を捜すということをやりがちになります。

これでは、ありのままに診るということにはなりません。一定の目的を持って診るということはありのままに診るということとはまったく異なる行為となります。ありのままに診ていくためには、心の状態はフラットでなければなりません。その状態を保った上で、その心におこること、指尖に感じられることを感じていくわけです。

ですから、ありのままに診、治すというとき、患者さんの訴えであっても、そこに心を動かされるようなことがあってはいけません。主訴も副訴も不定愁訴も、すべては身体の揺らぎの表現の一つに過ぎません。そこを見抜いた上で、全体の身体状況を調えようとする中にこそ、ありのままに診、治療するという花が咲くこととなるのです。

ですから、ありのままに診るためには、術者の心が安定している必要があります。ちゃんと診れていないのではないか、治せなかったらどうしよう、うまく治すにはどうすればいいのだろうというように、患者さんを目の前にすると術者の心が揺れます。心が揺れて乱れてしまうと、脉も経穴も分からなくなってしまいます。これは患者さんに振りまわされた結果です。来院された患者さんを少しでも楽にして返したいという思いが昂じて、術者のこのような精神状態を作るわけです。

けれどもそのような場合でも、心を乱さず、過度に入れ込まず、淡々と四診をしていく必要があります。それは、まるでスクリーニングの作業をするかのようです。ただ診て、処置を施し、施した処置が患者さんにどのような影響を与えたのか確認する作業をしていきます。このような淡々とした、あたりまえの、けれどもていねいな一連の作業の積み重ねが、ほんとうは患者さんのためにもなりますし、術者の人間理解―成長にとっても大切なこととなります。

診る際には、患者さんが生きている人間であるということを忘れてはなりません。あたりまえのことですが、患者さんは診ている対象物でも治療の対象物でもありません。診ることと診られることとは相互に関係しあって始めて成立している行為です。診ることですでに、感応が始まっているわけです。冷酷な科学者のように患者さんを「他者として客観的に診ることができる」という考えは、思い込みの甚だしいものです。

また、目の前の患者さんは生きているわけですから揺らいでいます。揺らいでいるということは、その身体が毎瞬々々変化している、ということです。固定した死物を診ているわけではありません。

いつも術者はその感覚を洗いなおし、初めてみるような気持ちで患者さんを捉える必要があります。そのような初心をもつことによってはじめて、患者さんの身体の変化に気づくことができるからです。

術者は、変化していく患者さんの身体の中の、今の瞬間を切り取ってみているわけです。そのような揺らぎ変化する患者さんの生命の動きをみながら、鍼灸師は処置すべき経穴を見つけ、そこに処置していくわけです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/250-277d3fd0

この人とブロともになる