fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

2、弁証論治


皆様は、抄録をどのように読んでこられたでしょうか。抄録を読むということは、言葉を通じて、作者の思いを理解しようとすることです。

これに対して弁証論治をするということは、四診を通じて、身体の言葉を聞き理解しようとすることです。


情報をどう理解し、その本来の意味、本当に言いたいことを洞察していくのかということは、病因病理を考えるということです。

その本当の状態を把握し、そこにある矛盾に気づき、それを解決する方法を考えていくことは、証を定め、治療方針を決定していくということです。

弁証論治は、ものごとを理解し、問題を把握し、その解決方法を探る技術の一つなのです。


一元流鍼灸術は、この弁証論治の方法論にもっとも特色があります。

まるごと一つの生命がそこにあるということを基本として人間を見つめるところからこの特色は発生しています。

気一元の観点に立つというこのことは、まるごとひとつの生命を時間と空間という側面から大きく把握しようとします。

時間的な側面から把握する方法論として、時系列の問診があります。成長過程を含めてその生命状況の変化をみていくものです。

空間的な側面から把握する方法論として、現状の問診およびその他の切診があります。これまで生き続けてきた生命の「現在の断面」をみていくものです。

このようにして人間を診、気一元の生命の流れの終端にある「現在」の解決課題として疾病を把握し、その治療方法を探っていくわけです。

1、東洋医学の伝統である四診にしたがって得た情報を、
2、臓腑経絡学を基本として把握しなおし、
3、その相互関係を見つめながら病因病理を考えて、
4、処置を決定する。

これが実際の具体的な流れとなります。

大切なことは、これらのすべての段階において、「気一元の身体観およびその観念を徹底させる」ということです。徹頭徹尾「気一元の身体観を徹底させる」ことが一元流鍼灸術の特色です。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/280-da253a72

この人とブロともになる