fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

人間観は陰陽五行


陰陽五行という概念を使って観るということに関して体系的に整理されたものとして「太極図」があります。これに関して詳細は『一元流鍼灸術の門』に記載されておりますので参照してください。そこで書かれていることで最も重要なことは、この図を生成論としての解釈するのではなく存在論・認識論として解釈しなおしていくということです。ここにおいてはじめて、統一的な人間理解の方法論として陰陽五行が立ち上ってくることとなります。


このような気一元の観点と陰陽五行の使い方を身につけたときに立ち上るものは、古色蒼然とした五行論ではありません。存在そのものをありのままに理解する際、すなわち臨床において、人間理解のための鋭利な刃物を手にすることができるわけです。

刃物は、研ぐためにあるのではありません。ありのままに人間を理解しようとするその意欲に従って、その刃物は自然に鋭利になっていくものです。その刃物は、切り分けのためにあるのではなく、すでに分かれているところを明確にするためにあります。目的は、分けるところにあるのではなく、存在そのものを理解するためにあるのです。

人間理解のためにそれはあるわけですから、そこから生じるものは、硬く身動きできない規律ではなく、一定の秩序だった観点から眺めることのできる人間の活き活きとした姿であり、そこにかかわる治療家に対して自由自在な手段を与えるものです。

このゆえに、一元流鍼灸術は、気一元の東洋医学の観点に立ちながら、カイロであれマッサージであれオステオパシーであれ指圧であれ、あらゆる治療概念をしなやかに受け入れ消化する胃袋を有するものとなっているわけです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/282-8aa91ada

この人とブロともになる