fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

収集した情報をまとめる


以上のようにして集めた情報を、いったん五行で分類していきます。このことを五臓の弁別と呼んでいます。

五臓の弁別を行う理由は、

1、臨床を重ねれば重ねるほどもってしまう、患者さんに対する決め付けを排し、初心に戻る

1、中医学などを通して積み重ねてきた臓腑経絡学の学習の成果をここで表現する。

1、初心にかえって臓腑経絡学の検討をすることによって、気一元の身体観を基礎とした新たな臓腑経絡学を構築する。

1、気一元として把握した情報を、いったん分類していくことによって分析し、これを再度組み立てることによって、人間理解をよりゆるぎないものとする。

などです。


実際の方法論として心に止めておきべきことに、緩み揺らぎを大切にして、決め付けずあいまいに、ダブルことを恐れず気持ちよく行うといったことがあげられます。そのためには、いちおう五行論への傾斜を強くしておくわけですけれども、正確に弁別するということを意識するよりも、できる範囲でぽんぽんと五臓の籠に投げ入れておくという軽めの意識が大切です。これは、分類することが目的ではなく、気一元の身体のありようを明確に理解することが目的だからです。ですから五臓で弁別しにくければ、瘀血や気虚や湿痰といった項目を新たに作っていくわけです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/286-f6a319f2

この人とブロともになる