fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

世の中には補瀉の手技について書かれている伝承本が非常にたくさんあります。けれどもこれらは、補瀉の基本において根本的な、大きな間違いを犯しています。それは、補瀉というものの中身には、手技のみに押し込めることのできない、もっと大きく深い構造があるためです。

基本的に鍼灸の手技は、経穴に対して行われます。ということは当然、補瀉の手技は、経穴の状態に対して行われるわけです。にもかかわらず、手技だけで補瀉ができるかのように解説されているのはなぜなのでしょうか。このことについて考えてみたことのある鍼灸師はどれほどいるのでしょうか。

経穴の状態に対して鍼灸の手技を行うわけですから、処置をするためには、経穴の状態に対する理解が必要です。経穴がどのような状態にあるのかということは、触れて感じてみなければ知ることはできません。それでは、触れて感じてみるだけで 経穴の状態を理解することができるのでしょうか。

そもそも経穴は、経穴単独で存在しているわけではありません。経絡全体の中の一つの表現として、あるいは全身の状態の一つの表現としてそこにあります。経穴は、全身の状態の一部であり、全身の状態を表現しているもののうちの一つなのです。

ということは当然、全身がどのような状態にあるのか診断されていなければ、経穴の位置づけが理解できないということになります。経穴の位置づけが理解できないということは、その表情を呈している経穴の意味が理解できないということです。そしてそれはとりもなおさず、その経穴に対してどのような処置をすればいいのか理解できていない、ということを意味しています。

しかし残念ながらこのようなレベルに至ることなく鍼灸による処置がされてきたということは、補瀉について勉強されている方はすでに理解されていることでしょう。

一元流鍼灸術は、今、これまであったそのようなレベルの鍼灸を明確に超えていこうとしています。

それは、弁証論治と体表観察と経穴の意味と手技の意味を考えていくことを通じてなされます。

それはまた、しっかりした東洋医学的な身体観を理解することを通じて構築されていきます。


さて、鍼灸師が相手にする患者さんは、いつも個別具体的な患者さんです。鍼灸に対する反応のしかたもそれぞれに異なります。また、同じ患者さんであってもその時期によって、疲労度によって、緊張度によって、異なる反応が出てきます。

異なる反応はまた、経穴に対して処置をしたときの感受性としても起こります。あるときには敏感で鍼灸による処置に対して良く変化を示し、全身にも強い影響を与える経穴であっても、別の時には鍼灸に対する反応も悪くなり、全身に対する影響をあまり発揮しない経穴となっている場合があるわけです。

そのような、生きて動いている生命を相手に、鍼灸治療はなされているということを、よく理解しなければなりません。

生きるとはどういうことなのか、死ぬとはどういうことなのか、生命力とは何か、病むとは、症状が出るとはどういうことなのか、ということを、あらかじめ徹底的に考えておく必要があります。

気一元の生命力として把握したものを、陰陽の観点、五行の観点で整理しながら把握しなおして、古人はその死生観を養っていきました。

われわれは現代において、その同じ視点をもつことが可能になっています。

それが臓腑経絡学であり、それをさらに気一元の観点からまとめ上げた「一元流鍼灸術の門」というわれわれのテキストの持つ意味です。


さて、ここからは実際の処置について述べていきます。

処置においては、その患者さんの身体の状態に沿って現れている、経穴の状態の意味を考えて処置していきます。その経穴に対して影響を与えたとき、全身にどういう作用を与えるのか、どういう作用を与えることを望んで、その経穴に処置するのかを考えます。これはもちろん、別の経穴の方が反応が良さそうな場合、そちらを使うという選択肢もそこにはあります。そのようなことを総合的に考えて選穴していくわけです。

いくつかの経穴を組み合わせる場合には、それをなんのために行っているのか考えます。対症療法的に考えるのではありません。気一元の生命に対して関わっていく、その「生命力の厚薄、アンバランスをいかにして調えるのか」という視点から選穴を考えていきます。

選穴が定まったなら、経穴の表情に寄り添うように手技を行います。これが基本です。

一元流鍼灸術では基本的に、弱った反応が出ている経穴を用います。もちろんその弱り方にはいろいろあります。これに関しては、テキストの実戦編、「経穴を選ぶための経穴学」を読んでください。

弱った経穴に対して、そこに生命力を集めるために鍼灸治療を行うわけです。これが基本です。経穴を補うように鍼灸の処置を入れていくわけですから、補法が中心ということになります。


最初に書きましたが、補瀉の手技というものが経穴とは別に存在していると考えている鍼灸師さんが、現代では大半だと思います。けれどもそれは間違いです。経穴の状態、その弱り具合に応じて、そこに生命力を集めることを目的として処置していきます。

経穴の状態を変化させることを目的として処置していきますので、さまざまな手技や方法がそこに生まれる可能性があります。経穴の一点に生命力を集めるために、さまざまな工夫をしていくわけです。

瀉法とは少しニュアンスが異なりますが、経穴の生命力が弱ることによって、そこに邪気がたまることがある。ということも頭に入れておいた方がいいかもしれません。そのような邪気は、生命力が回復することによってとれます。また、邪気が外に出ることを鍼などで導くこともできます。それによって、その経穴の生命力の回復を促進させることもできますので、これは、瀉することによって補う方法である、と言うこともできるでしょう。


このような処置をおこなうことによって、経穴の表情が、どう変化したかということから、処置の適否を判断します。

経穴の表情の変化を読み取るためには、処置が複雑になりすぎないことがまず必要です。どうしてかというと、経穴の表情としてさらにきつい弱り方を示した場合、その生命力の本体が表面に出てきたのか、それとも処置が悪いために生命力がさらに低下してしまったのか、という判断が最初はつきにくいためです。

ていねいに補うように、生命力を集めるように、処置していくということを基本にしておきます。そのような癖を付けておくと、経穴の変化と全身の状態の変化とが結びつき、弁証論治とそれにしたがった治療経過との関係が理解しやすくなります。

このようにして、処置した経穴の変化が、他の経穴にどのような影響を及ぼしているのかを観察します。また他の診処(脉診・腹診・舌診などの診処:筋肉の状態の変化や処置していない経穴の状態の変化も入ります)にどのような変化を与えたかということも観察していくことができます。このためには、事前に「処置後の診処」を決めておくとよいでしょう。

このようにして、治療処置と治療指針と弁証論治とを結びつけて理解していくことができるようになっていきます。それによって、少なくとも自分がなにを患者さんにしているのかということが理解できるようになります。

この積み重ねがこれからの東洋医学を作っていくための基礎となっていくと、私は考えています。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/287-7c4eef3d

この人とブロともになる