fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

気一元の考え方とは何かというと、五行論といっても、五があっ
て存在を構成しているのではなく、気一元の存在を観る角度と
して、五つの角度から観ているに過ぎないのではないというもの
です。

陰陽論というものも、陰陽があるのではなく、陰陽という相対概
念で存在を観ていくと、全体をバランスよく観やすくなるというこ
とです。

つまり、観ている対象は「一」であって、その観方として、陰陽五
行があるという考え方です。

ですから、陰陽に分けた後で発生している言葉が問題ではなく、
その間が問題。五行に分けることが問題ではなく、五行の間の
関係性こそが、気一元の生命を観ていく上では大切なことにな
ります。言葉を記憶するときには分けること、違いを見つけるこ
とに目がいきます。けれども、言葉は道標きすぎない。生命は
その言葉を包含して、ただありのままにそこにあるわけです。


で、人としての「一」すなわち「場」には、現状の性質―器があり
ます。その性質の捉え方を陰陽論を用いて、大小・敏鈍・粗密
の三方向から表現するのがよいのではないかと、提示していま
す。テキストには、その解説として、生成老死による一般的な変
化が記載されています。

内側の力としての生命力のバランスが、今どういう状態のなの
かということを観るのが陰陽五行であるのに対して、その陰陽
五行している現状の場の状態を器と呼んでいるわけです。

五臓のバランスはダイナミックに変化していくけれども、器は徐
々にしか変化しない。器を充実させるために五臓のバランスを
調えようとします。けれども元の木阿弥になりやすいのは、器が
変化するほどの治療の濃度(頻度や強さや養生―生活習慣の
改善の深さ)としての手を入れられていないからである。

そんなふうに考えを進めていっています。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/303-00a6b8ee

この人とブロともになる