fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

■ 胃の気と死脉


両手首の寸口の脉を用いて脉診をします。脉診をするときに、
一元流鍼灸術ではよく、胃の気を診るという表現をします。胃の
気を診るということは、その脉状を呈している人の生命力の状
態を診ているということです。


生命力の状態とは何かというと、バランスが取れているのか、
元気そうかどうかということになります。生命力がいかにバラン
スがよくても動きがない脉状のものは、衰えてきているものです。
バランスが非常によくみえる理由は、生命力が衰えきって、生
命力の表情を脉状という表面に表現することができなくなってい
るためです。基本の生命力が衰えているわけですから死脉とな
ります。重篤な慢性病の末期によく出ます。きれいで浮沈のバ
ランスが取れている脉状なので、あれっと思います。もう他界し
かけている患者さんの現状とは、まったく合わない状態が、脉
状としては表現されているわけです。死期が迫っているときに出
るきれいな脉状、これは胃の気の絶えた状態の脉状です。古典
に書かれてはいません。そういう意味では、特殊な死脉というこ
とになります。けれども、このような脉状を死の直前に呈してい
たという、鍼灸師の報告は意外と多く聞いたことがあります。記
憶しておいてください。



学校で教わる死脉には、七死の脉というものがあります。いわ
ゆる古典に書かれている死脉です。


弾石(石を弾くような非常に堅い脉状)
解索(散乱してしまい捉えがたい脉状)
雀啄(チチチときて指に痛い脉状)
屋漏(ポタポタと粘って滴るような渋った脉状)
蝦遊(去来が明確ではなく、動きが不安定な脉状)
魚翔(去来する魚影のような不安定な脉状)
釜沸(沸き上がるお湯のように散じていく脉状)

と七種類挙げられています。上文から理解できるようにこれら
は、胃の気がまだあるため、困窮し、激しい表情を出している
(出すことができている)脉状です。このようにいかに苦悶の表
情を脉状では示していても、生命力を建てるように治療をするな
らば、全身の状態が回復していくとともに、治まってきます。


七死脉として脉状の名前が挙げられていると、それがあるよう
な気になって、一生懸命探したりします。けれども、見つかるこ
とは非常に稀でしょう。七死脉のような派手な脉状となる以前の、
微細な変化が脉状には表現されます。テキストの215ページか
ら書かれているものがそれです。


大切なことはしかし、脉状を分け言葉にするということではあり
ません。「それぞれのバランスが取れていて、個別の脉状として
診えにくいとき、それを胃の気の通った脉状であると考え」(21
6ページ)ています。そこに向かっているすなわち「一」に向かっ
ているのか否か、というところが問題となります。


脉診の心構えとして、テキストの次の行にはもっと大切なことが
書かれています。すなわち「もっとも重要なことは、生命力を診
ると心に定めて診ることです。これを胃の気を診ると私は呼んで
います。生命力を診るのだと心に定めて診るとき、脉の診え方
が大きく変わるのは、まこと不思議なことです。」(216ページ)


脉診というものはこの、胃の気の絶えた一本の棒のような脉状
と、胃の気の充実した一本の棒のような脉状との間におこる生
命力の状態を診ているわけです。その人の状態によって、激し
く強く表現されることもありますし、微細な表現でわかりにくい人
もいます。そのそれぞれがその生命力の表現=胃の気の表現
であるわけです。


診るたびに脉状が変化する人もいます。古典ではこれを怪脉と
呼んでいます。気虚がきつくて生命の揺らぎが大きい人です。
根が弱いため、気分が変化するにつれて脉状も変化してしまい
ます。フワフワとしていて変化が大きいわかりにくい脉状です。
どの臓の気虚なのかは次の問題です。もちろん心臓病の人もい
ます。けれども病名のまだ付けられない段階での弱り方が出て
いる場合の方がはるかに多いということは、ここまで読んでこら
れた方は理解されていることと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/339-6f042bef

この人とブロともになる