fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

劈頭言について追記


昨年最後に、劈頭言の解説をした文章をアップしました。『一元流鍼灸術の門』の劈頭言、これを知らない人もいると思いますので、全文を以下に掲載しておきます。


「 ここに一つの流派の名を立てようとするのは、奇を衒うものにあらず。ただ、東洋医学の大道を行ずる鍼灸術を述べんとするのみ。

なんとなれば、現行の鍼灸師は、その多くが東洋一元の観点を忘れ、患者の述べる疾病に追われ、あるいは西洋医学の症候名に追われて、鍼灸を枝葉末節の道具となして、あるいは按摩の代わりとし、あるいは、対症療法的民間療術の一派としてなんなんとす。

我、ここに東洋医学の大道に帰り立ち、生きとし生ける一元の生命の流れに組せんとするものなり。

そは、一元とは何ぞや。それは、生命を一体のものと喝破する観点なり。

もとより生命は一体のもの、一体の生命の大いなる流れの中に人は生き病み老い死す。東洋医学の出発の基礎であるこの大いなる生命観に立ちて、未病を治すすなわちいまだ疾病の徴候の現われる以前から、健康を増進し、より良い人生を活力をもって生きる、その手助けとなる医療を行ぜんとするものなり。 」


気一元の観点というものを知らないまま理解できないまま、東洋医学をやり続けている鍼灸師さんは非常に多くいますので、この言葉を掲げています。また、『一元流鍼灸術』という会の名前を理解できる人は、この名前を見るだけで、一瞬のうちに東洋医学の本質を大悟できるだろうと考えています。

けれども、勉強会に長年参加している人の中にも未だ、この基本を理解できていない人はたくさんいます。そのような人ほど、何の症状にはどの経穴が効果があるなどとして、治験を誇り、その背後に弁証論治らしきものを付してみたりさえするのです。

症状と経穴反応とが対応しているという妄想は、おそらく鍼灸師の宿痾なのでしょう。宗教といってもいいかもしれません。伝統的にこのような記載がなされ、経穴学としてまとめられてさえいます。ほんとうに根深い病です。

劈頭言では、その鍼灸師の持つ知的な病を超えるべきではないかと述べているわけです。生命そのものを見、生命の傾きに従って、経穴反応は出ている。現在呈している症状がもっとも重要で問題のある生命の指標なのでは「ない」のではないですか?と問うているわけです。四診をしてみるなら、生命力にとってより重要な問題があることが抉り出されることがあります。それこそが生命力にとってより問題の「ある」喫緊の課題なのです。そのため、生命を見る医学、生命の医学として、この劈頭に提言しているわけです。

ここまで述べてもなお、どの症状にはどの経穴が効くのでしょうかとか、この症状にこの経穴は効くよ絶対だよなどと吹聴する人は出てくるでしょう。読者は少なくともそのような人は、東洋医学の半可通、鍼灸宗教に盲従する徒としてスルーされることをお薦めします。まさに鍼灸師の持つ毒がここにあります。注意してください。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/350-8065e7af

この人とブロともになる