fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

■補瀉の手技などない


世間の鍼灸師さんの中には、瀉法という手技、補法という手技があると考えている方々がたくさんいます。古典にもそう書かれており、中医学では補瀉論と題して、補瀉法の手技の専門的な書物まで出ていたりします。そしてその手技を使うことによって補瀉をすることが、治療であると考えています。

私は初期のころそのような流派に属していました。そのため、「手技による補瀉」の概念が固まってしまって、抜け出すのに苦労しました。


※今では補瀉の手技について、次のように考えています。

・ 基本的には、手技の中に補瀉はない。
補瀉というのは全身の生命力との関係で考えるべきものである。

・ 経穴に対する(補瀉の)手技は、全身の生命力に対する補瀉とは、関係ない。
これは別の課題である。経穴へのアプロ-チ方法と呼ぶべきものである。鍼でも灸で
も手技でも。

・ 経穴と手技とは、経穴を含んだその部位の受容性との関係が存在している。
そこで何が起こっているのかは、経穴の変化などをそのつど観察しなければ
わからないものである。

このように考えることによって、さらに虚実と補瀉との関係の考察を深めています。そうすると、鍼灸を用いるということは実は、補法しかほんとうはないのではないか?という発想になっていくわけです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/355-31f389de

この人とブロともになる