fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

■弁証論治の要諦

そこに存在しているものを四診をもって感じ取り、それをできるだけ誠実に表現しようとすること、それが弁証論治において行なわれていることです。その生命の流れを酌み取りそのまま表現しようとするわけです。

そのまま表現する時には、聞く耳を立てるということが必須となります。よく聞くこと、自身の判断を停止してよく聞くということです。判断や評価が先に立つときには、きちんと聞けていないと知らねばなりません。

聞き取ったものを壊さないようにそっと手に持ちます。それが原資料となります。その表情を壊さないようにしながらそれを五つの観点でふるい分けてみます。五臓の弁別です。ふるい分けるときに思考は入らないのでしょうか、評価は入らないのでしょうか。ここが非常に気をつける必要があるところです。

ふるい分けることが目的ではありません。ばくっと分けてみるという程度のことで、そこから五臓の気の厚薄の傾向をみるわけです。

また、評価は入りません。評価が入るとふるい分けに歪みが出ます。それでは思考は入らないのでしょうか。実はそれが入るのです。評価以前の思考。直感的な思考が入ります。「直感的に分けるんですよ」と言われているのはこのためです。

その直感はどこから来るものなのでしょうか。それは、その患者さんを本当に理解したいという思いからくるものです。このおおもとの感覚がとても大切です。それは感覚ですから非常に頼りにならないもので、そのままではさまざまな迷路に陥る可能性があります。そこでここにその感覚を支える視点、気一元の観点が必要となってくるのです。

気一元の観点とは、何を一括りとするのか、どのような生命のうねりの中にその人生はあるのか、ということを、その生命そのものに沿って観ていくということです。この全体感を見失わないことが大切です。ぼやっとしていてもかまいません、みえないということでもかまわないのです。けれどもそのままの生命の有り様をみつめていくためには、この全体観=気一元の観点を見失わないことが非常に大切な基本となっていきます。

この気一元の観点を支えにして自身の感覚にしたがって存在の声を記述していくこと、ここに弁証論治の要諦があり、弁証論治の中に観念的な評価や判断を入れないコツがあります。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/371-eb26a21d

この人とブロともになる