fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

■伴 尚志の黄老道研究論文


「黄老道から日本医学へ 」
http://1gen.jp/1GEN/KOUROU/

この年表のなかの、後漢に、太平道と五斗米道という初期道教について触れています。于吉はそ初期道教の元になった文献を作成した人です。この初期道教にはしかし、修行体系や体系的な理論などがなかったため、宗教とは認められていません。理論体系や修行体系を備えた道教がはじまったのは、四世紀ころに成立した茅山宗からであると考えられています。この茅山宗を作ったのは、本草家としても有名な陶弘景でした。

讖緯学説における五行論が儒教の春秋学を起源とし、春秋学が戦国時代末期の鄒衍を起源とすると考えられます。このことを、堕落した儒教思想が讖緯学説であり道教であるという風に言いかえることもできるでしょう。後世、儒教と道教とは対立関係にあるまったく別の学派―宗教と捉えられていますが、その根をたどれば実は同じなのですね。

老荘思想(老子や荘子の思想)は黄老道に深い影響を与えています。けれども、上記した通り黄老道と道教とはまったく異なるものです。道教における諸技法(呪術や護符)と老荘思想との関連はありません。そしてこの黄老道の果実として、『黄帝内経』はあるということは、東洋医学者としては抑えておくべきことであると思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/379-c1553eeb

この人とブロともになる