fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

■「患者さんの身体から学ぶ」方法論の確立

患者さんの身体から学ぶというとき、その方法論として現代医学では、臨床検査やレントゲンやCTなどを用います。筋肉骨格系を重視するカイロなどでは、その身体のゆがみや体運動の構造を観察する方法を用います。東洋医学では望聞問切という四診を基にします。一元流はこの四診を基に、生育歴(時間)と体表観察(空間)とを統合して用います。

これらすべては、人間をいかに理解していくのか。どうすればその患者さんの疾病に肉薄し、その患者さんの疾病を解決する方法を探るために行われるものです。東洋医学ではこれを疾病理解や治療技術という経験則を積み重ねる中から、人間理解へと昇華し、その方法を弁証論治として提示できるようになりました。

一元流鍼灸術では、この生きて活動している気一元の身体がそこに存在しているということを基本に据えた弁証論治の方法を、技術としてまとめて提示しています。

東洋医学はその発生の段階からこの全体観を保持していました。そして、体表観察を通じて臓腑の虚実を中心とした人間観を構成していきました。臓腑経絡学に基づいたこの人間観こそが東洋医学の特徴であり、他の治療技術の追随を許さないところとなっています。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/395-a49b2f7d

この人とブロともになる