fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

■東洋医学と中医学


東洋医学はその歴史の淵源をたどると、支那大陸に発生した思想風土に立脚して
いることが理解できます。

そしてそれは道教の成立よりも古く、漢代の黄老道よりも古い時代のものです。

現代日本に伝来している諸子百家は、春秋戦国時代という、謀略を競う血腥い戦
乱の世に誕生しているわけですけれども、東洋医学の淵源もその時代に存在して
います。

もちろん、体系化されていない民間療法的なものはいつの時代のも存在したこと
でしょう。それらが体系化され、陰陽五行という当時考えられていた最高の宇宙
の秩序に沿って眺め整理しなおされたのが、戦国時代の末期であろうということ
です。

それに対して中医学は、現代、それも1950年代にそれまで存在していた東洋
医学の文献の整理を通じて国家政策としてまとめあげられました。そしてそれ
は、毛沢東思想というマルクス主義の中国版をその仮面の基礎としています。

それまで延々と存在し続けてきた中国の思想史、ことに儒教と道教を毛沢東思想
は排撃していますから、中医学は実は根本問題としての人間観において、東洋医
学を裏切るものとなっていると言わざるを得ません。

東洋医学を深めれば深めるほど、実は毛沢東思想とは鋭く対立するものとなりま
す。また、中国共産党がその共産主義を先鋭化させればさせるほど、東洋医学と
乖離していくこととなります。現代は、その相方があいまいな位置にあり、臨床
の名の下で基本的な人間観を問うことなく対症療法に励んでいる、いわば、医学
としての過渡期にあると私は考えています。

このような中医学を越え、人間学としての東洋医学を再度掌中に新たにものする
ために私は、支那の古代思想に立ち返り、さらには、それを受容してきた日本
と、その精華である江戸の人間学に着目しています。東洋医学をその根本に立ち
返って見なおそうとしているわけです。


伴 尚志
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/425-e90db9c3

この人とブロともになる