fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

■胃の気の脈診『図解/簡明鍼灸脈診法』1/5


11月の勉強会で、胃の気の脈診について解説しました。その際、その内容が北辰
会におけるものとは異なると私が強調したため、北辰会ではどのようなものを胃
の気の脈診としているのか?という質問がありました。

私は北辰会と30年以上かかわっていないため、現在何をしているのかは実はよ
く知りません。この文章では、30年以上前に出版された北辰会の書物を書庫か
ら取り出してきて読み直し、それを基に考察してみました。

すると、その書物で表現されている北辰会の考え方と一元流鍼灸術の考え方の違
いの深刻さがよく理解できました。この文章は、その違いを再度明確にするとと
もに、胃の気の脈診の考え方に基づいて、一元流鍼灸術の考え方を研ぎ澄まして
いこうとするものです。



■藤本蓮風著『図解/簡明鍼灸脈診法』概観


書庫から取り出してきた北辰会の書物というのは、藤本蓮風著『図解/簡明鍼灸
脈診法』 ― 胃の気の脈診 ― 昭和59年3月15日第1版です。この古い書物が現
在の北辰会とどう関係しているのかは、わかりません。そのことを前提として考
察を進めています。

この書物に何が書かれているのかというと、北辰会の脈診法の紹介です。まず全
体を俯瞰していきましょう。この内容については後に論じていきます。

まず概論としてさまざまな古典が引用され、
・脈を診るとはどういうことか
・胃の気とはなにか
・胃の気と脈との関係
について解説されています。

さらに
・張景岳のいわゆる「弱以て滑」を胃の気の脈診の中心として、それを発展させ
る形で、弱以て滑が欠ける脈状全てを弦急脈と呼び、「諸々の脈状に弱以滑の脈
象が存在することが、平人であり、これに反するものは、すべて弦急の脈、と
解」(48p)すると述べています。この概念を基にして、北辰会の脈診術が展開
されていくわけです。ここ重要です。

すなわち、
・弱以て滑が欠けている脈状をすなわち「弦急脈」と定義して、これを四種類に
分けて紹介し、 ・その分けられた四種類の「弦急脈」それぞれに名前を付けな
おし、それぞれの症例の紹介をしています。

つまり、ここでいう「弦急脈」というのは、「弱以て滑が欠けている脈状」すべ
てを指すものです。ですから、広い範囲の概念なわけです。実際に見ることので
きる脈状のことではありません。その「弦急脈」を四種類に分け、今度は実際に
見ることのできる脈状として解説しているわけです。

おまけとして、
・景岳全書の脈神章から十六脈(浮沈遅数洪微滑濇(しょく)弦芤(こう)緊虚
実)の紹介および中医学的解説をし、さらに北辰会的解説をしています。

・死脈として歴代伝えられている七死脈(雀啄(じゃくたく)・屋漏(おくろ
う)・弾石(だんせき)・解索(かいさく)・魚翔(ぎょしょう)・蝦遊(かゆ
う)・釜沸(ふふつ))の紹介および中医学的解説をし、さらに弱以て滑の観点
からの解説をしています。

そして最後にまとめとして
・脈診におけるこまごまとした実用的な注意点が述べられています。

本書の全体は、以上のような構成となっています。

それでは、その中身について、検討していきましょう。

伴 尚志
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/452-24683d6d

この人とブロともになる