fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

■胃の気の脈診『図解/簡明鍼灸脈診法』5/5


■生命がなければ病はない


生命がなければ病はありません。すなわち、生きてさえいればいついかなる時に
も生命力はあります。そして、その時々の生命力の状態を探ろうとするものが、
一元流鍼灸術における「胃の気の脈診」であり治療方針の立て方です。そこに
は、個別具体的な脈状―個別具体的な生命状態が存在するだけであって、「胃の
気の脈が欠けた状態」があるわけではありません。

これはさながら、海の波が起こる地点を小さく区切ってタイプ別に分類すること
が無意味なようなものです。波は、岩や風や気圧などの相互関係によって、ただ
起こるだけです。臨床家は、患者さんの生命力をさながら浜辺で海の波を眺める
ように眺めているだけなのです。そこに竿を差し込みあるいは石を投げ込むこと
によって、生命力の変化を眺めていく、これが鍼灸師、養生治療家の行っている
ことです。

この胃の気の概念、生命力の概念について気づいていたと思われる藤本氏がな
ぜ、細かい脈状を分類し、さらにはそれに基づいた「症例」をあげることになっ
ていったのでしょうか。


実はここには、東西古今を問わず「医学」そのものにおける、大きな課題があり
ます。それは、「疾医が養生医か」「病を治療するのか。生命を整えるのか」
「症状を目標とするのか、生命力のバランスを整え、それを通じて生命力を充実
させていくことを目標とするのか」という課題です。

鍼灸が養生医学といわれる東洋医学を踏襲するかぎり、生命を整え、生命力を目
標とすることは当然のことといえるでしょう。

しかし現実には患者さんの苦痛を取ることが近視眼的な目標となっているため、
「治してあげよう」「症状を取ってあげよう」という言葉を用い、なんでも「治
せる」治療家として、自己の名を高め集客を図ろうとする姿勢が存在することと
なります。

現代医学ではことに顕著になっているこの、症状を治療目的とした「波頭の分
類」は、東洋医学の歴史の中にも実はすでに古い時代からありました。それは、
医学の発祥由来であるともいえます。

張景岳は、「そもそも胃気は正気であり、病気は邪気である、邪気と正気とは本
来両立しないものなので、どちらかが勝てばどちらかが負けるからである。すな
わち邪気が勝てば正気が敗れ、正気が充実してくれば邪気がしりぞくからであ
る。」(『現代語訳 景岳全書 脉神章』 伴 尚志訳 たにぐち書店刊96p)
と述べています。藤本氏もこの『図解/簡明鍼灸脈診法』を著述した当時も、そ
れを継いでいるものであったと言えるのでしょう。書かれているさまざまな著書
を通じて今も、その同じ香りがしてきます。

しかし、邪気と正気すなわち、症状と生命力とは陰陽関係にはありません。生命
力は太陽のように大きく生命そのものを支えるものです。症状とは、その生命の
陰翳として出ては消えているものです。一元流鍼灸術が生命がなければ病はない
と考え、生命力のバランスを整え、それを通じて生命力を充実させていくことこ
そが治療の目標であると考えていることは、至極当然のことと言えるのではない
でしょうか。その大きな視点から生命力を調整していくことを通じて、さまざま
な症状を同時に呈しているひとであっても、あるいは、症状という自覚はなくと
もその生命力のバランスを取り充実させていくことによって、病が起こる以前に
病が起こらないように整えていくことが可能になるのです。これがまさに、養生
治療という発想となっていくわけです。

胃の気の脈診はそのような、養生治療をしていくさいに、大きな指針となるわけ
です。


生命があるから病があります。生命がなければ病むということはありません。完
全に健康な生命というものはありません。死は必ず、どのような人にも訪れま
す。

胃の気があるからこそ、弦急の脈も搏つことができます。それは、生命そのもの
(胃の気)とその表現の一部(症状)のような関係であって、それぞれが補完し
合う対等の陰陽関係ではありません。

養生とは何かというと、生命を磨くということです。完全な生命はありません
が、よりよい生命状態を求めることはできます。そのために、今の状態から少し
づつ自分にとってより良い状態へと生命のあり方を磨いていくわけです。食養生
をして内臓を休める。運動をして筋肉をつける。日々感謝して心を養う。養生治
療を受ける。このようにして生命の状態を整え、磨いていくということが養生を
するということです。しかし 完全な 養生はありませんし、完全な 生命状態と
いうものもありません。これは大きな眼差しから見るならば、今ここにおける不
完全な自分の状態こそが、まさにこの上なく完全な私の状態である、これ以上な
い生命状態にあるということです。その今を前提として、より完成度を高めるた
めに、日々の生命を磨いていくわけです。

今を生きるということは、今の「不完全さという完全」な生命状態のまま、日々
を生きるということです。養生は、生命状態をより良い状態にするということで
あり、その生命を使ってどのような人生を送るのかということはまた、別の問題
となります。なぜ生きるのか、いかにして生きるのかということは、個々人に任
されています。そうやって 、私たちは日々、 この生命の世界を生き続けている
わけです。

伴 尚志
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/456-cbbe8957

この人とブロともになる