fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

■付:知識を得ること知恵を得ること


一元流鍼灸術では、「一」ということを学びます。「一」の眼差しがすべてを貫
通していることです。このことを理解できるようにテキストは祈りを込めて作ら
れています。

けれどもこれを理解することは、なかなか難しい。難しい理由は、多くの場合こ
れまでの勉強法にあります。言葉を暗記してそれで試験を受けて合格する。この
繰り返しを勉強と称して行ってきた方がほとんどでしょう。社会的な要請として
も、それがその人の技術のレベルを示すものとされてもいるわけで、免状なども
それを規準に与えられるようになっています。


これに対して一元流鍼灸術では、「一」の理解を通じて人間を理解するというこ
とに特化しています。応用自在の知恵である「一」に対する理解の方法を提供す
ることによって、人間理解を個別具体的に行えるように工夫しているわけです。

知識というものは、この「一」に対する理解すなわち知恵あるいは言葉を使っ
て、「一」に対する理解を表現したものです。この意味で、知識とはその本来の
意味で飾りであり、群盲が象を撫でて語った言葉の集合です。ですから知識をい
くら積み重ねても、目の前の人間を理解することはできません。


表現者としてそこすなわち対象が存在する場所に、自身を存在させなければなら
ないわけです。暗記した言葉、書かれている古典などは、その「表現された言
葉」に過ぎません。表現された言葉をいくら積み重ねてみても、それは言葉を超
越して存在そのものに肉薄することはできないわけです。


言葉は、存在しているものをパターン化し、その作成されたパターンに存在を当
てはめることが、理解しているということだとします。しかしこれは間違いで
す。パターンが作成される以前に存在はそこにあり、それを理解するために「仮
に」パターン化された言葉でそれを表現しているに過ぎないのです。仮の姿は―
あたりまえのことですが―実在ではありません。この「実在」こそが本来の意味
での「古典」であると、一元流鍼灸術では主張しています。


『易』の「繋辞上伝」には、「易は天地と準(なら)う。故に能く天地の道を弥
綸す。仰いでもって天文を観、俯してもって地理を察す。」と述べられていま
す。すなわち、自身が生き生かされているこの自分の位置、自分の生命を明らか
に体験する中から、初めて瑞々しく生まれ出てくる生命-知恵によって発見され
た生命-に触れることができる。これこそが存在そのものに触れることのできる
位置である、と述べられているのです。

この生命を生きている私。この私の生命を用いて全力で相手を理解しようとす
る。このことが知恵による人間理解の基本となります。

言葉を多く積み重ねて記憶し、パターン化されたそれをその人間存在に当てはめ
ることは「人間理解」ではない。それは「人間理解」とはまったくかけ離れたも
のだということ。このことは一元流鍼灸術の知恵を修得する上で、重要な上にも
重要なこととなります。

                   伴 尚志
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/460-110e6f4c

この人とブロともになる