fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

■坂出祥伸先生の気の概念と伴 尚志のコメント1


『中国思想における身体・自然・信仰』東方書店 坂出祥伸先生退休記念論集
「私は「気」の思想とどうかかわってきたのか」より(二〇〇一年五月一一日)

中国思想は儒教であれ、道家の老子や荘子であれ、また道教であれ、「気」の概
念を共通の基礎としている。・・・(中略)・・・

人間の身体だけが「気」で成り立っているのではない。生命あるものすべてが、
「気」をその生命の根源としているのである。・・・(中略)・・・

生命あるものばかりではない。この宇宙の間にあるすべての存在が「気」から成
り立つと考えられている。・・・(中略)・・・

戦国時代から前・後漢時代(前四世紀から後二世紀)にかけて、「気」の観念の
大きな枠組みはほぼ完成したといってよい。それは、この時期に黄帝内経医学、
本草学(薬物学)、天文気象学(実は占星術や望気術などの呪術)が発達したか
らである。


かくて体系をととのえた「気」の観念は、その特徴を次のような五点に整理でき
る。ただし、それらの特徴は互いに関連しあっている。


伴 尚志
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/462-d880b128

この人とブロともになる