fc2ブログ

一元流鍼灸術

一元流鍼灸術の解説◇東洋医学の蘊奥など◇HP:http://www.1gen.jp/

■坂出祥伸先生の気の概念と伴 尚志のコメント2

■第一に、生命体、非生命体を問わずともに「気」から成る、と考えられてい
る。星も「気」であり、鉱物も「気」である。

〔伴注:この、すべてが「気」から成るということがたいへん重要なことである
ということは、前の『気のコスモロジ―』石田秀実著の紹介で述べたとおりで
す。これは本当に基礎的なことです。けれども、「気」を理解しているという人
ほど、ここの、しっかりとした理解がなされていません。外気功の神秘的な力の
みを「気」と呼んでいる人が多いわけです。場合によってはその「気」を真気と
濁気に分けてみたり、正気と邪気に分けてみたりします。あるいはさらには、神
の気と衆生の気とか、養気と病気とに分けてみたりもします。経絡の陽経の気と
陰経の気では異なると語る人もいます。それぞれ感じることのできるものでしょ
うが、そこに気の問題の本質があるのではありません。分けて表現することが大
切なのではなく、統合し「一の変化」としてそれを観るところが大切です。〕


■第二に、「気」は宇宙に充満しており、始めも終わりもなく、連続していて分
割できない。

〔伴注:第一と分けて語るところに、この坂出先生の思考の丁寧さ緻密さを感じ
ます。第一の「生命体、非生命体を問わずともに「気」から成る」ということが
本当に理解できていれば、この第二の概念は本来は必要ありません。けれども、
第三の「部分と全体は相互に関連しあっていると」という概念を導き出すために
は、この全体観・普遍性の概念が必要となります。

一元流鍼灸術では、さらに統合的な気の所在について「一」の概念として提示し
ています。濃度が一定で一つにくくられそうなものを小さな「一」とし、「生
命」の場の概念としています。ここが大切なところです。ここから初めて、不完
全な生命を抱いているがゆえに人間は病み、その不完全さのまま完全さを想起す
ることができるわけです。そしてその「不完全さを抱いたまま、あるがままにあ
る今の完全さ」が、ここに実現しているわけです。治療家はここに手を入れてい
くわけです。

のべっとして宇宙大に拡がる気の概念だけではなく、濃淡があり、くくりがある
気の概念を提示しているわけです。つまり、この世界には、「一でくくられる
気」がそれこそ「存在」の数ほどあるということです。その無限の数の多層な小
宇宙の重なりの一つの粒子として私たちは存在しています。この限りない美し
さ、はかなき事実に、気づくことができると素晴らしいですね。〕

伴 尚志
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1gen.blog101.fc2.com/tb.php/463-5d06d79e

この人とブロともになる